VB.NETにおけるAccess接続方法|OLEDBE・ODBCを使用したサンプルコードを作成

公開日時:   更新日時:
VB.NETにおけるAccess接続方法|OLEDBE・ODBCを使用したサンプルコードを作成
基本情報技術者試験の試験対策はこちら>>

SE
VB.NETのAccess接続について教えてください。

PM
VB.NETのコードからAccessに接続する場合のODBCとOleDbの2通りの方法について説明します。

VB.NET Access 接続


ここからはVisual Basic.NETからMicrosoft Accessに接続する手順について説明します。Microsoft Accessのサンプルaccdbを導入後、Visual Basic.NETからアクセスする例を提示します。

以降はVisual Basic.NETをVB.NET、Microsoft AccessをAccessと略して記述します。

VB.NETにおけるAccess接続方法

VB.NETのコードからAccessに接続する場合、ODBCとOleDbの2通りの方法があります。

.NET Framework 4.8、.NET 5.0、.NET Core 3.1の3つのフレームワークを対象にSystem.Data.Odbc、System.Data.OleDbのいずれかを使用したVB.NETのコンソールアプリケーションからAccessに接続するサンプルコードを提示します。

Accessのサンプルデータを準備する

Accessのバージョンにより、メニューの構成が違うので注意してください。以下の手順はAccess2016を使用した例です。サンプルDBとしてNorthwind.accdbを準備します。

・Accessを起動します。

・ホームをクリックします。

・使用可能なテンプレート をクリックしてください。

・ノースウインド2007をクリックしてください。

・ファイル名:Northwind.accdb

・フォルダ:c:\

として作成ボタンを押下すると、C:\Northwind.accdbが作成されます。
VB.NETでC:\Northwind.accdbに接続して[Customers]テーブルの [ID]、[Company]を表示します。

VB.NETでAccessに接続する

ここからはVB.NETで作成したプロジェクトにてサンプルコードを作成し上記で作成したC:\Northwind.accdbに接続してSQL文を発行する例を提示します。

VB.NETでプロジェクトを作成する

ここからは、.NET Framework 4.8、.NET 5.0、.NET Core 3.1の3種類のフレームワークを使用してコンソールアプリケーションを作成するためのプロジェクトを作成する例を提示します。

.NET Framework 4.8を指定して作成する

NET Framework 4.8でVB.NETのプロジェクトを作成する場合は以下の手順で行います。

・Visual Studio 2019 Communityを起動します。

・新しいプロジェクトの作成をクリックします。

・テンプレートの選択は順に、[Visial Basic]、[Windows]、[コンソール]を選択後[コンソールアプリ(.NET Framework)]をクリック後[次へ]ボタンを押下します。

・プロジェクト名、場所、ソリューション名を適宜入力後 [.NET Framework 4.8] を選択し[作成]ボタンを押下します。

プロジェクト作成後は、プロジェクト -> プロパティ -> コンパイル -> ターゲットCPU -> x86 に設定してください。VB.NETからの接続のコードは共通になります。

.NET 5.0を指定して作成する

.NET 5.0でVB.NETのプロジェクトを作成する場合は以下の手順で行います。

・Visual Studio 2019 Communityを起動します。

・新しいプロジェクトの作成をクリックします。

・テンプレートの選択は順に、[Visial Basic]、[Windows]、[コンソール]を選択後[コンソールアプリケーション]をクリック後[次へ]ボタンを押下します。

・プロジェクト名、場所、ソリューション名を適宜入力後[次へ]ボタンを押下します。

・[.NET 5.0(現在) ]を選択し[作成]ボタンを押下します。

・プロジェクト作成後は、プロジェクト -> nugetパッケージ管理 -> 参照より以下のいずれかをインストールしてください。
ODBCの場合:System.Data.Odbc v5.0.0
OleDBの場合:System.Data.OleDB v5.0.0

プロジェクト作成後は、プロジェクト -> プロパティ -> コンパイル -> ターゲットCPU -> x86に設定してください。VB.NETからの接続のコードは共通になります。

.NET Core 3.1 で作成する

.NET Core 3.1でVB.NETのプロジェクトを作成する場合は以下の手順で行います。

・Visual Studio 2019 Communityを起動します。

・新しいプロジェクトの作成をクリックします。

・テンプレートの選択は順に、[Visial Basic]、[Windows]、[コンソール]を選択後[コンソールアプリケーション]をクリック後[次へ]ボタンを押下します。

・プロジェクト名、場所、ソリューション名を適宜入力後[次へ]ボタンを押下します。

・[.NET Core 3.1] を選択し[作成]ボタンを押下します。

・プロジェクト作成後は、プロジェクト -> nugetパッケージ管理 -> 参照より以下のいずれかをインストールしてください。
ODBCの場合:System.Data.Odbc v5.0.0
OleDBの場合:System.Data.OleDB v5.0.0

プロジェクト作成後は、プロジェクト -> プロパティ -> コンパイル -> ターゲットCPU -> x86に設定してください。VB.NETからの接続のコードは共通になります。

OLEDBEを使用したサンプルコードを作成する

OleDbを使用してVB.NETからAccessに接続するサンプルを提示します。

コンソールに以下内容が表示されます。

ODBCを使用したサンプルコードを作成する

以下にODBCを使用してVB.NETからAccessに接続するサンプルを提示します。実行結果は上記と同じ内容が表示されます。

ODBCデータソースアドミニストレーター(32ビット)のユーザーDNSタブでC:\Northwind.accdbに接続するための ユーザーデータソースを作成します(今回の名称はACNORTH)。

SE
VB.NETからのAccess接続方法について理解できました。

PM
実際にVB.NETのコードを書くと理解が深まりますよ。

VB.NETからAccessを使用してみよう

いかがでしたでしょうか。VB.NETで作成したアプリケーションからからAccessのデモaccdbに接続してSQL文を発行してみました。

単体でも手軽に使用できるAccessで作成したaccdbをそのまま使用してVB.NETから使用できることを提示しました。

ぜひご自身で実際にVB.NETのコードを書いて、理解を深めてください。


FEnetへの登録は左下のチャットが便利です 経験者優遇! 最短10秒!

.NET分野でのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)

Search

Popular

reccomended

Categories

Tags