.net column

.NET開発者のためのブログメディア
アンインストール

【不具合が起きたときに】Visual Studioをアンインストールする方法

2020年03月27日

Visual Studioで不具合が発生したときは、一度アンインストールをすることで症状が改善されることがあります。
ここでは、Visual Studioをアンインストールする方法と、通常の方法でアンインストールできない場合の方法を解説していきます。

SE
Visual Studioに不具合が起きてしまったので一度アンインストールしたいのですが、どうしたら良いのでしょうか。
PM
Visual Studioのインストーラからアンインストールすることができます。一緒にやってみましょう。

Visual Studio のアンインストール

  1. Windowsのスタートメニューを開き、「Visual Studio Installer」を開きます
  2. ※ユーザアカウント制御の確認画面が出てきた場合は、「はい」を押してください。

    Visual Studio Installerを開く

    もしスタートメニューにインストーラが無かった場合は、以下のパスにもインストーラが存在するので確認してみましょう。

    インストーラパス:C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio\Installer\vs_installer.exe

  3. 「詳細」をクリックし、「アンインストール」を選択してください
  4. アンインストール選択

  5. 確認画面が出るので、「OK」をクリックします
  6. OKをクリック

  7. アンインストールが始まるので待機します。Visual Studioのインストール画面が表示されれば、アンインストール完了です

アンインストールできない場合

何らかのエラーでアンインストールできない場合は、「InstallCleanup.exe」というツールを起動することで、強制的にVisual Studioを削除することができます。
しかし、Visual Studioに関するファイルがすべて削除されてしまうため、設定内容や他のツールとの連携情報がすべてなくなります。
そのため、前述の方法でエラーとなった場合のみ使用してください。

InstallCleanup.exeでアンインストールする手順

  1. Visual StudioとVisual Studio Installを閉じます
  2. Windowsのスタートメニューから、コマンドプロンプトを右クリックし、「管理者として実行」を押します
  3. ※ユーザアカウント制御の確認画面が出てきた場合は、「はい」を押してください。

    管理者として実行

  4. 管理者として実行したコマンドプロンプトで
  5. cd C:\ProgramFiles(x86)\Microsoft Visual Studio\Installer\resources\app\layout
    と入力し、InstallCleanup.exeが存在するフォルダへ移動します。

    移動

  6. 「installCleanup.exe -f」と入力しましょう。するとアンインストールが開始するので、しばらく待機します
  7. アンインストール開始

  8. コマンドプロンプトが入力可能になったらアンインストールが完了です
  9. PCを再起動して、スタートメニューからVisual Studio本体がなくなっているか確認してみましょう。

SE
InstallCleanup.exeで試してみたら、アンインストールできました!
PM
Visual Studioの設定など、アンインストールすることでリセットされる内容があるので、その点は注意しましょう。

Visual Studioを初期状態にしてやり直す

Visual Studioにプラグインを導入したり、Visual Studioの何らかのファイルを編集したりした場合、エラーになることが多いようです。
再インストールするだけで直ることもあるので、どうしても解決できないときは一度アンインストールしてみましょう。


.NET分野でのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

求人一覧

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)