.net column

.NET開発者のためのブログメディア
クラウドサービスのイメージ

AzureのVDI「Windows Virtual Desktop」でできること

2020年10月29日

VDI(Virtual Desktop Infrastructure)を解説する上でキーワードとなる技術が、仮想化技術です。仮想マシンを利用した仮想デスクトップは、実は10年以上前から存在します。かつては通信速度などの課題がありましたが、昨今の技術革新で通信速度も上がり、手元にあるパソコンと変わらない操作性で仮想デスクトップを利用できるようになりました。
今回はAzureの代表的なVDIであるWindows Virtual Desktopについて解説します。

PG
最近は感染症対策の影響で、在宅ワークがほとんどですが、仮想デスクトップを使って作業することも増えました。本当に便利ですよね。
PL
物理的なパソコンを用意することなくデスクトップ環境を構築でき、どこからでもどの端末からでもアクセスして作業できるのは、今後の働き方にも影響してくると思いますよ。

VDI・DaaSの概要

「Desktop as a Service」の頭文字をとってDaaSという、クラウドサービスを利用した仮想デスクトップを実現するサービスが昨今注目されています。

今までであればデスクトップは各々のパソコンに存在するものという印象が強かったのですが、DaaSを利用する場合、個人が使うデスクトップはクラウド上に構築されることになります。ネットワークを通じてそのデスクトップを呼び出しますので、場所や端末に縛られることなく作業が可能です。エンジニアやビジネスマンにとってはありがたいサービスだといえるでしょう。

そして、今回解説するVDI(デスクトップ仮想化)もDaaSと同じような仕組みとなります。両者の違う点は、利用するパソコンからデスクトップを呼び出す際に、その仮想デスクトップがどこにあるか、だれが提供しているかという点にあります。

仮想デスクトップ環境がクラウド上に展開されていて、外部の事業者が提供しているのがDaaS、自社サーバーに仮想デスクトップ環境が展開されていて、自社運用されているのがVDIとなります。
VDIとクラウドコンピューティングをまとめたサービスがDaaSだといえます。

Windows Virtual Desktopの機能

Microsoft が提供している純正の仮想デスクトップサービスが、「Windows Virtual Desktop」です。
以下、代表的な機能です。

  • ・Windows10マルチセッションを提供します
  • ・Windows7の3年間のESU(Extended Security Update)を無償提供します
  • ・Azureデータセンターのリソースを利用し、素早く展開/スケーリングできます
  • ・FSLogixの各機能を無償で利用できます
  • ・パートナーエコシステムとの連携で機能拡張できます

利用するために必要なライセンス

Windows Virtual Desktopを利用するにあたり、必要なライセンスがありますので、ここで確認しておきましょう。

OS ライセンス
Windows10 EnterpriseマルチセッションまたはWindows10 Enterprise Microsoft 365 E3、E5、A3、A5、F3、Business Premium
Windows E3、E5、A3、A5
Windows7 Enterprise Microsoft 365 E3、E5、A3、A5、F3、Business Premium
Windows E3、E5、A3、A5
Windows Server 2012 R2、2016、2019 ソフトウェアアシュアランス付きのRDSクライアントアクセスライセンス(CAL)

加えてAzure Active DirectoryとAzure Active Directoryと同期しているWindows Server Active Directoryも必要です。

PG
VDIやDaaSはこれからも需要が増えそうですよね。Azure上に仮想デスクトップを展開して作業できれば、作業の幅も広がりそうです。
PL
そうですね。近い将来、DaaSは当たり前のように活用されている可能性もあります。今のうちから仮想化デスクトップに関しては勉強しておきましょう。

仮想化デスクトップを説明できるエンジニアになりましょう

今回解説したWindows Virtual Desktopに代表されるような仮想デスクトップは、在宅ワークが推奨される中、ニーズが増えてきています。クライアントから「仮想デスクトップを使って作業をしたい」という相談をされた際には、どのようなサービスなのか説明できるように準備しておきましょう。

>>>Azureの案件を探すならFEnet .NET Navi


.NET分野でのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

求人一覧

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)