.net column

.NET開発者のためのブログメディア
デスクトップアプリ

Azure Portalでログインする方法!モバイルアプリも使える?

2020年09月30日

Azureは、マイクロソフト社が提供するクラウドサービスです。PaaS(Platform as a Service)型のサービスに強みがあり、サーバなどのインフラ管理を気にせず、柔軟に素早くアプリケーション開発ができます。
世界各地に拠点(データセンター)があり、利用者は信頼性の高いサービスを気軽に利用できることから、世界の一流企業からスタートアップまで、多くの企業がAzureを利用しています。
この記事では、Azureのリソースやコストを一元管理できる「Azure Portal」の概要や、Azure Portalにサインインする方法について解説します。

PG
Azureを使い始めたいのですが、まずは何をすれば良いのですか?
PL
Azure Portalを使ってリソースを一元管理して開発・運用を行います。まずは、Azure Portalにサインインしましょう!

Azure Portalの概要とできること

AzureにはWebアプリ・データベース・AI・仮想マシンなど、数多くのサービスが存在し、目的に合わせてサービスを組み合わせてリソースを作成し、1つのアプリケーションを作ります。
規模が大きいシステムや、複数のプロジェクトでAzureを利用すると、管理対象となるリソースが数百以上になることも珍しくありません。

Azure Portalは、Azureのリソースを構築、管理、監視するWebベースの総合管理ツールです。 システム管理者は、ブラウザを使ってサーバなどの稼働状況を監視したり、使用料金などを一元的に管理したりできます。

Azure Portalにログイン(サインイン)する方法

Azure Portalを利用するには、マイクロソフトアカウントまたは、GitHubアカウントが必要です。アカウントの作成自体は無料なので、まだ持っていない方は事前に作成しておきましょう。
まずは、Azure Portalにログイン(サインイン)してみましょう。
ブラウザを起動しAzure Portalにアクセスして、アカウントのサインアップ時に登録したメールアドレスを入力します。

「アカウントお持ちでない場合、作成できます。」のリンク部分をクリックすると、新規にアカウントを作成することもできます。

Azureサインイン

次に、サインアップ時に登録したパスワードを入力して「サインイン」ボタンをクリックします。

パスワード入力

サインインに成功した場合、次のようなAzure Portalのホーム画面にアクセスできます。

Azure Portalのホーム画面

2要素認証が有効になっている場合のサインイン

セキュリティの強化を目的に、管理者によってAzure Portalのサインイン時に「2要素認証」を求める設定ができます。2要素認証が設定されている環境では、サインイン時に追加で以下の作業が必要です。
例えば、SMSによる2要素認証が設定されている場合、パスワード入力後、次のようなコード入力画面が表示され、スマートフォンなどに送信されたSMSの認証コードを画面に入力してログインします。

SMSによる2要素認証

SMSによる認証以外にも、Authenticator アプリを使った通知や、登録した電話番号への呼び出しを行う2要素認証もAzureでは設定可能です。

Azure Mobile App

マイクロソフト社は、2018年5月にiOSとAndroid向けの「Azure Mobile App」をリリースしました。
モバイル版のアプリでは、iPhoneやAndroidスマートフォンなどのモバイルデバイスからAzure Portalにアクセスでき、外出先からAzureのリソース状態を確認できます。

モバイルアプリでできること

モバイル版のアプリでは、主に次のようなことができます。
1. Azure リソースの正常性や状態を監視
VM(仮想マシン)やWebアプリ、データベースなど、モバイルアプリでAzureリソースの監視ができます。Webブラウザ版と同様に、リソースのメトリックをグラフなどで視覚的に確認できます。

モバイルアプリ画面

2. アラートで問題を診断
アラート確認し、システムに発生した問題を事前に検知し問題の診断ができます。モバイルアプリでは、仮想マシンの再起動もできるため、マシンの再起動で修復できる問題であれば、モバイルデバイスのみで問題の対処が可能です。

3. 管理用コマンドの実行
モバイルデバイスから、Azure CLI または PowerShell コマンドを実行できます。
Webブラウザ版のAzure Portalとは異なり、GUIでリソースの新規作成やスケールアップなどの構成変更はできませんが、Azure CLI または PowerShellを使えば、モバイルデバイスからでもリソースの操作が可能です。

モバイルアプリのダウンロード

Azure Mobile Appは、各OSのアプリストアから「Azure」などと検索するか、公式ページに各アプリストア用のリンクがあるため、そこからダウンロードできます

ダウンロードページ

PG
Azure Portalは見やすいデザインで、これならリソースの管理がしやすいですね。
PL
モバイルアプリは外出先でもPC不要でリソースの状態が確認できるので、外出が多いシステム管理者にも嬉しいサービスです。

今後も進化するAzureでクラウド開発

Azure Portalにログインする方法や、スマホアプリのAzure Mobile Appについて解説しました。
Azureは、AWS(Amazon Web Service)に次ぐ人気のクラウドサービスで、最初の頃はAWSの一強状態でしたが、徐々にAzureがシェアを伸ばしている状況です。
進化を続けるAzureでエンジニアとしての知識を身につけるべく、クラウド開発していきましょう。

>>>Azureの案件を探すならFEnet .NET Navi


.NET分野でのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

求人一覧

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)