.net column

.NET開発者のためのブログメディア
アンインストール

.NET Frameworkをアンインストールする手順と注意点

2019年10月31日

この記事では.NET Frameworkをアンインストールする手順をご紹介しています。
しかし、Windows8とWindows10ユーザーはアンインストールすることができないため、二項目からご参照ください。

SE
.NET Frameworkも他のプログラムと同じようにアンインストールできるんですか?
PL
はい、同じようにアンインストールできます。ただ、Windows 8・Windows10では無効化しかできないので注意しましょう。

.NET Frameworkをアンインストールする手順

.NET Frameworkをアンインストールする手順を見ていきます。手順は以下のとおりです。

<アンインストール手順>

  1. Windowsのコントロールパネルから「プログラムと機能」を開く
  2. 「Microsoft.NET」で始まるプログラムをアンインストールする

以上で完了です。通常のプログラムをアンインストールするときと同じ手順です。
アンインストール後は再度インストールすることで再び利用できるようになります。

.NET Frameworkがアンインストールできない場合はどうする?

Windows8・Windows10を使っている方は.NET Frameworkのアンインストールができません。
また.NET Frameworkのバージョン4.6以降を利用している方もアンインストールができないようになっています。
※バージョン4.6以降はOSの必須コンポーネントとなっているため。

このような場合の対策方法を紹介します。.NET Frameworkを無効にする方法は以下の通りです。

  1. Windowsのコントロールパネルから「プログラム」を開く
  2. 「プログラムと機能」の「Windowsの機能の有効化または無効化」を開く
  3. 「.NET Framework」から始まるプログラムの■を□にする

上記の操作を行うことで、アンインストールはできませんが無効にすることは可能です。
では、1つずつ実際の画面を見ながら行っていきましょう。

  1. Windowsのコントロールパネルから「プログラム」を開く
  2. コントロールパネル操作

  3. 「プログラムと機能」の「Windowsの機能の有効化または無効化」を開く
  4. 機能の無効化

  5. 「.NET Framework」から始まるプログラムの■を□にする
  6. .NET無効化

    完了画面

    チェックを外した後「OK」を押すと、再起動が始まります。再起動後は.NET Frameworkが無効になっています。
    ※再度有効にしたい場合は、上記の画面からチェックを付けるのみです。

SE
アンインストールや無効化って意外と簡単ですね!
PL
変更を適用するために、チェックを外した後「OK」を押すのを忘れないようにしてくださいね!

まずはアンインストール、できなければ無効にしよう

Windowsのバージョンや.NET Frameworkのバージョンによってはアンインストールができないものもあります。
操作はどちらもそこまで難しくありません。いざという時にアンインストールで迷わないように、紹介した手順を意識してください。


.NET分野でのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

求人一覧

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)