ネットワークエンジニアが夜勤に使いたい疲労回復アイテム3選

ネットワークエンジニアが夜勤に使いたい疲労回復アイテム3選のアイキャッチイメージ

ネットワークエンジニアとして働いていると、夜勤をしなければいけない日もあると思います。
そんな踏ん張りどころで日々の疲れが溜まっていると、効率的に業務をこなすことはできません。
そこで、ここでは夜勤におすすめの疲労回復アイテムをご紹介します。

栄養ドリンク・エナジードリンク

栄養ドリンクは、その成分によって「第2類医薬品」、「第3類医薬品」、「医薬部外品」の3つに分けられます。
第2類医薬品と第3類医薬品は国がその効能を認めた成分が含まれており、滋養強壮効果が期待できます。
ただし副作用や相互作用などもあるため、とくに他の薬を飲んでいる場合などは薬剤師や登録販売者によく相談しましょう。
これに対し、医薬部外品は医薬品よりも効果がマイルドであるため、副作用など摂取する際の注意点も少なめです。
国の規制緩和もあり、現在はコンビニなどで気軽に購入することができます。
そして、エナジードリンクとはいわゆる清涼飲料水のことです。
飲み心地がいいためスッキリした気分にはなるかもしれませんが、医薬品や医薬部外品と比べると、疲労回復効果はそれほど期待しないほうが良いでしょう。
また、糖分も多く含まれているので、飲みすぎには注意してください。

アイマッサージャー

ネットワークエンジニアが夜勤に使いたい疲労回復アイテム3選のイメージ

ネットワークエンジニアはどうしてもパソコン作業が多いため、長時間にわたって目を酷使することになります。
パソコン作業による眼精疲労や頭痛、肩こりに悩んでいる方は多いのではないでしょうか。
そこでおすすめしたいのが、アイマッサージャーです。
目元にのせて装着するだけで、目元がかなりスッキリするはずです。
また、強制的に一時的な休憩を取れるため気分をリフレッシュさせることもできます。

スイーツ・甘味

たとえ甘党ではなくても、仕事で疲れると甘いものが欲しくなるものです。
これは、エネルギーを消耗すると血液に十分な糖分を供給できなくなるためだとされています。
3時のおやつとよく言いますが、疲労が溜まりはじめる時間帯に甘いものが食べたくなるのは自然な現象なのです。
もし糖分補給をせずに血糖値が下がると、脳の活動が低下して思考力や集中力が下がってしまいます。
このような状態になると、仕事に悪影響をおよぼしてしまう可能性があります。
夜勤で疲れたときには、スイーツや甘味で適度に糖分を補給するようにしてください。

上手に疲労回復して効率的な夜勤を

夜勤をしているときには、普段以上に強い疲れを感じることが少なくありません。
しかし、ここでご紹介した疲労回復アイテムを上手に使えば疲労が蓄積しにくくなるはずです。
夜勤の日には、ぜひこれらのアイテムを準備してみてはいかがでしょうか。

ネットワーク・データベース・クラウド・サーバ案件多数! インフラエンジニアの転職なら「FEnet インフラ」

インフラエンジニア専門の転職サイト「FEnetインフラ」

FEnetインフラはサービス開始から10年以上『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、多くのエンジニアの就業を支援してきました。

転職をお考えの方は気軽にご登録・ご相談ください。