Windows Server 2008の延長サポート期限は2020年1月14日まで!サポート終了に備えるべき理由とは

Windows Server 2008の延長サポート期限は2020年1月14日まで!サポート終了に備えるべき理由とはのアイキャッチイメージ

表題の通り、Windows Server 2008とWindows Server 2008 R2の延長サポートがもうすぐ終了してしまいます。
サポート終了に備えるにはどうしたらいいのでしょうか。また、備えていない場合はどうなるのでしょうか。
今回は、上記二点について紹介します。

Windows server 2008/2008 R2の延長サポートが終了

Windows Server 2008とWindows Server 2008 R2の延長サポートが終了するのは2020年1月14日です。
メインストリームサポートは2015年1月13日に既に終了しています。
メインストリームサポートとは、新機能追加・セキュリティ更新プログラム・その他パッチが無償提供されるサポートのことです。

これに対して延長サポートとはセキュリティ更新プログラムが無償提供されるものです。
延長サポートが終わると脆弱性が発見されてもセキュリティ更新プログラムが配布されないため、セキュリティ関係に不安を抱えることになります。

「ウィルス対策ソフトがあればセキュリティ面の心配はいらないのでは?」と思う人もいるかも知れません。
しかしウィルス対策ソフトだけでは脆弱性をカバーしきれず、脆弱性を利用した不正侵入やウィルスに対しては無防備となってしまう可能性もあるのです。
もし不正侵入などによって顧客情報が流出した場合は組織の信頼性が著しく低下してしまうので、延長サポート終了までに対策しておく必要があります。

対策はアップグレードかAzureに移行の2種類

Windows Server 2008の延長サポート期限は2020年1月14日まで!サポート終了に備えるべき理由とはのイメージ

具体的な対策はマイクロソフトが2つの方法を提示しているので、ここではその2つの概要について説明します。

サーバーOSをアップグレードして保護を維持する

一つ目はオンプレミス環境のアップグレードです。
Windows Server 2016や2019へのアップグレードによってセキュリティなどのサポートが得られます。
Windows server 2008/2008 R2からWindows Server 2016へアップグレードするには、いったんWindows server 2012/2012 R2にアップグレードする必要があり注意が必要です。

Azureに移行

もう一つは無料のセキュリティ更新プログラムでAzureに移行する方法です。
Windows Server 2008および2008 R2のワークロードをAzureにリホスティングして対処します。

クラウドへの移行は時間がかかりますが、クラウド移行に必要なサーバーのみを対象として、サポート終了後もセキュリティ更新プログラムを無償で最大3年間延長することができるようになりました。
この機会にオンプレミスをクラウドに移行することもおすすめです。

なるべく早く対策をしよう

サポート終了に関する対策をしなければ、セキュリティ面の不安が残ったままとなってしまいます。
ギリギリになって対策すれば良いと思う人もいるかも知れませんが、対策には意外と時間がかかるので早めに対策を行いましょう。

ネットワーク・データベース・クラウド・サーバ案件多数! インフラエンジニアの転職なら「FEnet インフラ」

インフラエンジニア専門の転職サイト「FEnetインフラ」

FEnetインフラはサービス開始から10年以上『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、多くのエンジニアの就業を支援してきました。

転職をお考えの方は気軽にご登録・ご相談ください。