【2020年のトレンド5G】5Gの3つの特徴と考えられる今後の展開とは

【2020年のトレンド5G】5Gの3つの特徴と考えられる今後の展開とはのアイキャッチイメージ

5G(第5世代移動通信システム)の実用化が進んでいます。2020年には日本でもサービスが開始される予定です。本記事では、5Gの特徴と今後の展開をわかりやすく解説します。
今後の通信システムの進化を理解しましょう。

5Gの3つの特徴とは

5Gには3つの特徴があります。
「高速・大容量」「低遅延(リアルタイム)」「多接続」の3つです。それぞれ、どのような特徴や意味になるのか解説します。

高速・大容量

現行の4Gよりも20倍ほどの通信速度になります。通信速度が今よりも格段に速くなることから、4Kや8Kの映像の伝送が可能です。
ファイルサイズの大きさから4Gでは、4Kや8Kの映像をフルスペックで伝送することは困難でした。また、4Kクラスの高画質な映像は、VRの本格的な普及にも有効です。

低遅延(リアルタイム)

5Gになることで、4Gからの通信遅延も10分の1に改善されます。それにより、ビジネスシーンでも有効な場面が増えていくでしょう。
遠隔操作を活用した機械操作もなどが、これまでよりもスムーズになります。スマートフォンが5Gの対応になれば、オンラインゲームも操作しやすくなります。

多接続

多接続は文字通り、多くのデバイス(端末)の同時接続が可能になることです。4Gから5Gになると、1平方キロメートルあたりの接続デバイス数が10倍になります。
ヒトとモノがつながるIoTでは、多くの端末を確実に同時接続することが重要です。5Gに変わることで、私たちの日常生活が飛躍的に向上します。

5Gの今後の展開

スポーツ観戦

ここからは、5Gになることで私たちの生活などがどう変化するのか、具体的な事例を取り上げます。

「高速・大容量」の特徴を活かすと、スポーツ観戦がより楽しめるようになるでしょう。
4Kカメラで撮影されたスポーツ中継の映像を大画面に映すことができるようになります。ゴルフなどでこれまで以上の臨場感ある中継を可能にします。
また、VRの普及が進めば、様々な客席アングルで視聴できます。例えば、内野席にいながら外野視点での中継映像を視聴するなど、新たな楽しみ方が出てくるでしょう。

「低遅延」のメリットを活かすと、建設現場の作業人員を減らせる可能性あります。遠隔操作室を設けて、遠くにある機材を操作することが可能になるためです。
特に建設業界は人手不足が深刻な業界です。ひとりの遠隔操作オペレーターが2台の重機を操作するなども実現できる可能性があるので、業界の人手不足に対応できます。

オンラインゲームでは、eスポーツが話題になっていますが5Gになれば光回線を使わないスマートフォンでもプレイが可能になるでしょう。eスポーツ関連の大会も開催しやすくなります。

「多接続」から使用例を考えます。前述のとおり、5GはIoTビジネスにも有効です。
例えば、製造工場では製造工程の変更の際にマシン(ロボット)の配置換えが必要です。
配置換え後のマシンの再稼働のときは動きの調整作業があり、動作の調整作業を簡素化するために高度なセンサーの導入が考えられます。
多接続が可能な5Gならば、同時に複数のマシンを接続できるため高度なセンサーも導入しやすく、製造効率が格段に上がるでしょう。

5Gの世界を理解して開発に活かそう

5Gが普及するとビジネスも変化します。それに応じて、エンジニアの必要性も高まるでしょう。
エンジニアの皆さんは5Gをしっかり理解して、開発や設計に活かせるようにしておきましょう。

インフラエンジニア専門の転職サイト「FEnetインフラ」

FEnetインフラはサービス開始から10年以上『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、多くのエンジニアの就業を支援してきました。

転職をお考えの方は気軽にご登録・ご相談ください。

合わせて読みたい

エンジニアと関連の深い5G基地局のメーカー紹介その3【ノキア】... 5Gの基地局メーカーに参入しているのは国内メーカーだけではありません。 本記事では、エンジニアが覚えておきたい海外の5Gの基地局メーカー「ノキア」について紹介します。 ノキアの5G基地局はドコモ・au・ソフトバンクが採用 フィンランドのメーカーであるノキアの5G基地局は、ドコモ・au・...
5Gビジネスによる変化は?5Gで今後可能になることを詳しく解説... 5Gによるビジネスモデルの変化 少し前まではサービスを販売する際に、売り切りのやり方が主流でした。 ソフトウェアなどは高額でもいったん購入してしまえば、ずっと使用できるという形です。 それが最近では、サブスクリプションへ移りつつあります。 毎月一定額の料金を支払うことで、サービスを利...
エンジニアと関連の深い5G基地局のメーカー紹介その4【エリクソン】... 2020年春には、日本でもいよいよ5Gのサービスが提供開始される予定です。 それに伴って各通信業者では、基地局の整備を進めていますが、国内企業だけでなく海外企業もベンダーとして選定されています。 この記事では、その中でもスウェーデンのエリクソンという企業について紹介していきます。 エリ...
エンジニアが知っておくべき5Gの電波と健康被害の関連について... いよいよ新しい通信方式である5Gサービスが始まろうとしています。 しかし、5Gの電波は健康被害があるのではないかと不安に思っている人も少なからずいるのではないでしょうか。 この記事では、エンジニアが知っておきたい5Gの電波と人体への影響について紹介します。 浴びると人体に悪影響を及ぼす電波...
5Gの課題は通信距離。日本の5G基地局の展開はどうなる?... 5Gとは第5世代移動通信システムのことで、「超高速化」、「超多数同時接続」、「超低遅延」の3点が大きな特徴です。 日本国内では、大手携帯電話事業者の3社が5Gのサービスを開始しました。とはいえ、5Gには課題があることも事実です。 ここでは5Gが抱えている課題および日本の5G基地局の今後について紹...