Linuxの勉強におすすめの本9選|自分に合った本の選び方とは?

Linuxの勉強におすすめの本9選|自分に合った本の選び方とは?のアイキャッチイメージ

Linuxとは?

LinuxとはUnix系のオープンソースのOSです。

Linuxは1991年に最初のバージョンが公開されたオープンソースのOSです。Windowsなどと異なり、オープンソースとなっていることから、OSの中身をユーザー側で書き換えられることが大きな特徴となっています。

また、サーバを自由に建てられることから、多くのエンジニアがLinuxを利用しています。

Linuxは本で学べる?

Linuxは本で学ぶのもおすすめです。

Linuxはインフラやネットワークにかかわるエンジニアであれば知っておきたい内容です。Linuxに関する本は多くの種類が販売されているため、本を使って学ぶこともできます。

本であれば1冊の中に必要な情報が集約されているだけでなく、本で学ぶことによって順序立てて学ぶことができるでしょう。

Linuxの勉強におすすめの本9選

Linuxの勉強におすすめの本をご紹介します。

これからLinuxについて学ぼうと考えている方の中には、そのようにして学べばよいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

本であれば順序だてて学ぶことができるため、Linux初心者は本を使った勉強がおすすめです。ここではLinuxの勉強におすすめの本9選をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

おすすめの本1:新しいLinuxの教科書

「新しいLinuxの教科書」はLinuxの機能だけでなくコマンド操作なども学べるLinuxの勉強におすすめの本です。

Linuxの基本的な概念や解説、コマンドライン、シェルスクリプトなど幅広く解説した本です。また、Gitによるソフトウェア開発のバージョン管理といった、最近のエンジニアが知っておきたい内容まで解説しています。

Redhat系やDebian系にも対応している点もポイントです。

おすすめの本2:さわって学ぶLinux入門テキスト

「さわって学ぶLinux入門テキスト」はLinuxを触れながら学習を進められるLinuxの勉強におすすめの本です。

初めてLinuxにふれる人にもわかりやすいように、初心者がつまずきやすい点を丁寧に解説しています。

LPI Linux Essentialsの試験範囲や、LPIC-1、LinuC-レベル1の試験範囲もカバーしているため、Linuxの試験対策用としてもおすすめの本です。

おすすめの本3:本気で学ぶLinux実践入門

「本気で学ぶLinux実践入門」はLinuxの基礎知識を学びながら実用的な内容まで身につくLinuxの勉強におすすめの本です。

Linuxを使った業務で使用するコマンドや実行サンプルなどを豊富に掲載しており、基本だけでなく操作や設定、管理方法まで学ぶことができます。

また、CentOSとUbuntuという2つの代表的なディストリビューションに対応しています。

おすすめの本4:たった2日でわかるLinux

「たった2日でわかるLinux」は2日という短期間でLinuxを覚えられるLinuxの勉強におすすめの本です。

早くLinuxをマスターしたい人におすすめな入門書です。短期間で学習できるように、さまざまな種類があるLinuxの機能の中から最重要項目に絞って解説しています。

また、Linux仮想環境も準備されているため、パソコンが1台しかないという方もスムーズに勉強できます。

おすすめの本5:ゼロからはじめるLinuxサーバー構築・運用ガイド

「ゼロからはじめるLinuxサーバ構築・運用ガイド」はWebサーバを運用するための知識が学べるLinuxの勉強におすすめの本です。

Linuxの基礎からセキュリティまで、Webサーバを運用するための基本的な知識が学べます。

また、CentOS 7とさくらのVPSを使用することで、サーバ構築について実際に手を動かしながら学べる内容になっています。

おすすめの本6:入門者のLinux

「入門者のLinux」はLinuxをはじめて触る人におすすめの本です。

タイトル通り、この本ではじめてLinuxに触れるような初心者を対象にした入門書です。初心者が戸惑いがちなコマンド操作について、実際にコマンドを使用しながら進めていきます。

初心者向けの内容なので、この1冊で初歩的なことを学んでから本格的な勉強を始めると良いでしょう。

おすすめの本7:まんがでわかるLinux シス管系女子

「まんがでわかるLinux シス管系女子」はまんがを読みながらLinuxが学べるおすすめの本です。

「日経Linux」で連載中のまんが「シス管系女子」と「#!シス管系女子」を1冊にまとめた本です。

システム管理部門の新人社員と先輩のやりとりを通して、まんがを読みながらLinuxサーバ管理やシェルスクリプトなど役立つ情報が学べます。

おすすめの本8:LPIC教科書 LPICレベル1

「LPIC教科書 LPICレベル1」はLPICに必要な知識が学べるおすすめの本です。

世界共通のIT資格として人気の高い「LPIC(Linux技術者認定)」について、レベル1試験の内容が学べる本です。

LPI-incの認定テキストとして出題範囲をわかりやすく解説しているため、試験を受験する予定がなくてもLinuxの知識に関してしっかりと学ぶことができます。

おすすめの本9:1週間でLPICの基礎が学べる本

「1週間でLPICの基礎が学べる本」はLPICの試験対策だけでなくLinuxの基礎固めもできるおすすめの本です。

試験対策本は試験範囲の内容のみを扱っているものも多いですが、この本ではLinuxの基礎から学ぶことができます。

また、試験情報や練習問題も豊富に掲載しているため、Linux初心者はもちろん、資格取得を目指す方も効率的な学習が行えます。

自分に合ったLinuxの本を選ぶ方法3つ

自分に合ったLinuxの本を選ぶ方法をご紹介します。

ここまでさまざまなLinuxの勉強におすすめの本をご紹介しましたが、どの本を選べばいいのかわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ここでは最後に自分に合ったLinuxの本を選ぶ方法3つをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

本を選ぶ方法1:何を学びたいのかを明確にする

Linuxの勉強用に本を選ぶ場合、自分が何を学びたいのかを明確にするようにしましょう。

Linuxに関して解説している本にもさまざま種類があります。そのため、本を使ってLinuxを学ぶのであれば、Linuxのどういうことを学びたいのかを明確にしてから適切な本を選ぶと良いでしょう。

本を選ぶ方法2:基本編か実践編か

Linuxの勉強用に本を選ぶ場合、基本編か実践編かどちらにするのか決めましょう。

参考書はほとんどの場合、初心者を対象に基本について詳しく解説している入門編と、ある程度知識を持った中級者から上級者を対象にした実践編にわかれます。

そのため、自分のレベルに合わせて基本にするのか実践にするのか決めるようにしましょう。

本を選ぶ方法3:最後まで読める内容かどうか

Linuxの勉強用に本を選ぶ場合、最後まで読める内容かどうかをしっかり確認しましょう。

どんなに詳しくLinuxについて解説している本であっても、途中で読むのをやめてしまっては意味がありません。

そのため、自分がきちんと最後まで読めるものを選ぶために、本の難易度についても事前に確認するようにしましょう。

本でLinuxについて学ぼう!

これからLinuxについて学ぶなら自分に合った本を選ぶのが重要です。

オープンソースのOSであるLinuxは、インフラ関係やネットワーク関連の内容を扱うエンジニアになるのであれば知識として必要になります。

ぜひこの記事でご紹介したLinuxの勉強におすすめの本や自分に合ったLinuxの本を選ぶ方法を参考に、自分に合った本を見つけてLinuxについて勉強してみてはいかがでしょうか。

インフラエンジニア専門の転職サイト「FEnetインフラ」

FEnetインフラはサービス開始から10年以上『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、多くのエンジニアの就業を支援してきました。

転職をお考えの方は気軽にご登録・ご相談ください。