.net column

.NET開発者のためのブログメディア

Pythonプログラマーは在宅ワークができる?在宅ワークの探し方4つをご紹介!

2020年08月17日
SE
最近、Pythonというプログラミング言語をよく聞くのですが、そんなに人気なのですか?
PM
コードがシンプルでわかりやすいことから、プログラミング言語の中でも特に人気の高い言語です。

Pythonはどういう言語?

Pythonとは短いコードで記述できるシンプルなプログラミング言語です。

Pythonはあらゆるプログラミング言語の中でも特に人気の高い言語で、C言語などと比べてコードがシンプルでわかりやすく、少ない行数でコードを記述することができるという特徴があります。

また、わかりやすい言語となっているため読みやすく、初心者でも学びやすい言語です。

需要が高まっている

Pythonの需要が高まっています。

Pythonは非常に優れたプログラミング言語で、機械学習や画像処理、Webアプリケーションなどさまざまな分野で活用されています。

またPythonエンジニアはJavaなどのエンジニアに比べて数が少なく、近年はブロックチェーン技術への注目なども高まっていることから、Pythonエンジニアの需要が非常に高まってきていると言えます。

Pythonプログラマーは在宅ワークができる

Pythonプログラマーは在宅ワークも可能です。

プログラミングはもともとリモートワークがしやすい職業ですが、近年は在宅ワークで対応できるPythonの案件も増加しています。

また、Pythonの案件であればプログラミング以外にもデータ分析の仕事も含まれるため、在宅で対応できます。そのため、Pythonプログラマーは在宅ワークも十分可能だと言えるでしょう。

未経験の場合

未経験でもPythonの在宅ワークは可能ですが、経験者が求められます。

Pythonプログラマーとして勤務した経験がなくても、案件の内容次第では任せてもらえるケースはあります。しかし基本的には経験者が求められるため、在宅ワークでもPythonの実務があるほうが仕事を取りやすいです。

そのため、未経験者でもチャンスがないわけではありませんが、経験があるほうが良いでしょう。

Pythonを使った仕事の種類5つ

Pythonを使った仕事の種類をご紹介します。

Pythonはさまざまなシステム開発や処理などができる汎用性の高いプログラミング言語です。

そのため、Pythonを開発言語にした在宅ワークの案件もいろいろな種類があります。ここではPythonを使った仕事の種類5つをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

Pythonの仕事1:Web開発

Pythonの仕事にはWEBサービスやWEBアプリケーション開発があります。

Pythonがもっとも利用されているのは、WEBサービスやWebアプリケーション開発の分野です。

PythonにはWEB開発に便利なフレームワークが豊富に用意されています。Pythonで開発された有名なWebアプリには、「YouTube」や「Instagram」、「Reddit」などさまざまな種類があります。

Pythonの仕事2:AI開発

Pythonの仕事にはAI開発があります。

Pythonの人気の高さの理由の一つに、AIの開発に適したライブラリが用意されているという点があります。

PythonはAI専用のライブラリが豊富なのでAI開発が行いやすいという特徴があります。そのため、在宅ワークでもPythonを利用したAI関連の仕事もあります。

Pythonの仕事3:データ分析

Pythonの仕事にはデータの分析があります。

Pythonは統計解析やデータ分析なども得意分野です。Pythonならあらゆるグラフ表示に対応しており、グラフを描画できるライブラリも用意されています。

そのため、Pythonを利用することでこれまで手作業で行っていたデータ収集、データ分析などの作業を自動化することもできます。

Pythonの仕事4:講師

Pythonの仕事には講師の仕事があります。

Pythonのプログラマーであれば、プログラミングスクールなど講師としても働くことができるでしょう。

Pythonはシンプルかつ読みやすいコードのため、初心者が学ぶ言語としても人気があります。そのため、Pythonが扱えればプログラミングスクールやオンラインスクールの講師として働くこともできるでしょう。

Pythonの仕事5:技術サポート

Pythonの仕事には技術サポートの仕事があります。

Pythonの仕事には、開発を行うエンジニアだけでなく開発をサポートする技術サポートの案件もあります。Pythonの開発経験を積んで資格を取得し、アドバイスできるくらいの実績を積めば、技術サポートの仕事も夢ではないでしょう。

また、Pythonの開発案件を受注して信頼関係を築くことで、技術サポートの仕事を任せられるケースもあります。

Pythonプログラマーの在宅ワークの探し方4つ

Pythonプログラマーの在宅ワークの探し方をご紹介します。

ここまでPythonの仕事をご紹介してきましたが、実際にPythonの在宅ワークをする場合はどのようにして探せばよいのでしょうか。

ここではPythonプログラマーの在宅ワークの探し方4つをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

在宅ワークの探し方1:実績を投稿する

Pythonの在宅ワークは実績を投稿することで探すことができます。

Pythonプログラマーとしての知識や技術があることを、SNSやブログにポートフォリオとして投稿することで、興味を抱いたクライアントの方から仕事を依頼してもらえることもあります。

特にPythonの高い実績を掲載していれば、在宅ワークだけでなく引き抜きの声をかけてもらえる可能性もあります。

在宅ワークの探し方2:知り合いからの紹介

Pythonの在宅ワークは知り合いからの紹介で探すことができます。

Pythonプログラマーとして実績がある場合は、知り合いに在宅でできる仕事を紹介してもらうこともできます。

特に知り合いであればどの程度のスキルや知識を持っているのか把握しているため、適したレベルの在宅ワークを紹介してもらえる可能性があります。

そのため、できるだけ人脈が広げておくことをおすすめします。

在宅ワークの探し方3:エージェントを活用する

Pythonの在宅ワークはエージェントを活用して探すことができます。

プログラミングの副業を紹介してくれるエージェントもあります。エージェントであれば、自分で仕事を探すことなく、レベルに適したPythonの在宅ワークを紹介してもらうこともできるでしょう。

ただしクライアントも実績のあるエンジニアに仕事を依頼したいため、未経験では思うように仕事を取れないケースもある点には注意が必要です。

在宅ワークの探し方4:営業をする

Pythonの在宅ワークは営業をして探すことができます。

自ら実績やスキルをアピールし、営業をかけることでPythonの在宅ワークを受注することもできます。

ただし、営業をする場合はコミュニケーション力や人脈などさまざまなスキルが必要になります。そのため、自ら営業を掛けることで仕事を取ることができる人は限られているでしょう。

在宅ワークに必要なスキル5つ

Pythonプログラマーの在宅ワークに必要なスキルをご紹介します。

在宅ワークを行う人のスキルは人によって異なりますが、Pythonプログラマーが在宅ワークをする場合、具体的にどのようなスキルが必要になるのでしょうか。

在宅ワークに必要なスキル5つをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

在宅に必要なスキル1:Pythonの基礎知識

Pythonの在宅ワークにはPythonの基礎知識が必要になります。

Pythonプログラマーとして在宅ワークを行う場合、Pythonを使用した開発手法や、Pythonの文法、Pythonで利用できるさまざまなフレームワークといった、Pythonの開発に必要な幅広い知識が必要になります。

そのため、Pythonの基礎知識についてはしっかり身に着けるようにしましょう。

在宅に必要なスキル2:フロントエンドの基礎知識

Pythonの在宅ワークにはフロントエンドの基礎知識が必要になります。

UIなどのフロントエンドの知識や基礎的なスキルを持っていれば、Pythonを使ったWebサイトやアプリケーションの開発がスムーズになります。

PythonではWebサービスやWebアプリの開発案件も多いため、フロントエンドのスキルについても一緒に取得しておくと良いでしょう。

在宅に必要なスキル3:スケジュール管理能力

Pythonの在宅ワークにはスケジュール管理能力が必要になります。

Pythonに限らず、在宅ワークを行う場合は自身でスケジュールを管理する必要があります。会社勤めとは異なり、自分一人で納期までにスケジュールを組んで納品する必要があるため、スケジュール管理能力を磨くようにしましょう。

逆に言えば、スケジュールに合わせて仕事ができない人には在宅は向かないでしょう。

在宅に必要なスキル4:コミュニケーションスキル

Pythonの在宅ワークにはコミュニケーションスキルが必要になります。

在宅ワークで仕事を受注するには、自らのこれまでの実績やスキルをクライアントにアピールする必要があります。

また、受注してからも案件を円滑に進めるには、コミュニケーションスキルが必須です。そのため、コミュニケーションスキルが必須だと言えるでしょう。

在宅に必要なスキル5:課題解決スキル

Pythonの在宅ワークには課題解決スキルが必要になります。

案件によって異なりますが、クライアントがエンジニアに仕事を依頼するのは企業が何かしらの課題を抱えており、それを解決したいからだと言えます。

そのため、在宅ワーカーの方から課題解決に役立つ提案を行うことができれば、より案件を受注しやすくなります。また、クライアントとの信頼関係を築くことにも繋がり、続けて仕事の受注がしやすくなるでしょう。

SE
Pythonが使えるようになると、仕事の幅が広がりそうですね。
PM
在宅ワーカーとしても活躍できるのでとてもおすすめのプログラミング言語です。

Pythonプログラマーも在宅ワークができる

Pythonプログラマーの在宅ワークを探してみましょう。

Pythonは人気の高い言語で、機械学習やデータ分析、Web開発などさまざまな分野で活用されています。

ぜひこの記事でご紹介したPythonを使った仕事の種類やPythonプログラマーの在宅ワークの探し方などを参考に、Pythonの在宅ワークに挑戦してみてはいかがでしょうか。


.NET分野でのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

求人一覧

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)