.net column

.NET開発者のためのブログメディア
エラーのイメージ

.NET Frameworkの初期化エラーを解決するには

2020年03月30日

.NET Frameworkに依存しているプログラムを起動した際に、初期化エラーで起動できなくなるケースがあります。このエラーを解消する対処方法はいくつかあり、多くの場合ではそれにより正常に起動できるまで回復が可能です。

PG
アプリケーションを起動したときに.NET Frameworkの初期化エラーが表示されたんですが、どうしたら対処できますか?
PL
まれにこのようなエラーが発生してしまうようですが、いくつか対処方法があるので、まずはそれを試してみましょう。

初期化エラーの概要と原因

.NET Frameworkの初期化エラーには、.NET Frameworkそのものか、起動しようとしているアプリケーション側、若しくは両方に原因がある場合があります。起動中にエラーが起こった時、ポップアップウィンドウに「Initialization Error」と表示されていれば初期化エラーと判断できるでしょう。

.NET Framework側では、インストールされているコンポーネントが何らかの原因で一部壊れてしまった場合、またはアプリケーション側が要求しているバージョンではない場合が考えられます。

初期化エラーの解決方法

.NET Frameworkの初期化エラーを解決するには、まず最新バージョンであるかどうかを確かめましょう。もし古いバージョンであればすぐに更新し、もし最新バージョンだったとしても一度アンインストールして、再インストールするのがおすすめです。

もう一つの手段としてマイクロソフトが提供している独自ツールを使用する方法があります。修復ツール、セットアップ検証ツール、クリーンアップツールの3つが用意されており、必要に応じてダウンロードして使用しましょう。

対処が終わったら、再度アプリケーションを起動して「Initialization Error」のポップアップ表示が出ないかどうかを確認しておくことも忘れないでください。

PG
再インストールしたら無事に動くようになりました!
PL
多くは再インストールすることで解決できるようですので、初期化エラーが起こったら、まずは試しておくのが良いでしょうね。

初期化エラーが起こったらまずは再インストール

.NET Frameworkの初期化エラーは、ほとんどの場合に最新バージョンを再インストールすることで解決可能です。発生する原因はいくつかあっても、問題が発生している.NET Frameworkそのものを更新してしまえば良いということなので、初期化エラーが起こった際はまず試してみましょう。それでも解決しない場合がごくまれにあるようですが、その場合はOSの再セットアップをするといった対応が必要になることがあります。


.NET分野でのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

求人一覧

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)