.net column

.NET開発者のためのブログメディア
データストレージのイメージ

クラウドのデータ管理ができるAzure Storage Explorerとは

2020年03月31日

Microsoft Azureでは、クラウドストレージサービス「Azure Storage」をGUIで操作できる「Azure Storage Explorer」というツールを利用することができます。今回は、Azure Storage Explorerについて、機能やその特徴から使い方までを解説していきます。ぜひ、参考にしてみてください。

PL
Azure Storage Explorerは、Windows/Mac/LinuxのどのOSからでもアクセスすることができるんですよ。
SE
しかも無料で利用することができるんですよね。ぜひ使ってみたいです。

Azure Storage Explorerとは?

Azure Storage Explorerは、Fファイルやオブジェクト・ブロックなどさまざまなタイプのデータを直感的に分かりやすい操作で管理することができるツール。Azure Storage Explorerには大きく3つの特徴があります。

  1. すべてのストレージアカウント&複数サブスクリプションを一括管理
  2. 下記すべてのストレージアカウントにアクセスし、リソースの作成・削除・表示・編集を行うことができます。

    • Azure Storage
    • Azure BLOB Storage
    • Azure Cosmos DB
    • Azure Data Lake Storage

    複数サブスクリプションを一括管理できるため、チームでのファイル共有にもおすすめです。

  3. オフラインで利用できる
  4. ローカルエミュレーターを使用することで、インターネットに繋がっていなくても作業を行うことができます。

  5. 信頼性の高いセキュリティ
  6. クロスオリジンリソース共有やShared Access Signatureなどのセキュリティ機能を用い、外部から確実にデータを保護します。

Azure Storage Explorerを使ってみよう

ここでは、実際にAzure Storage Explorerを使っていきましょう。

前提

Azure Storage Explorerの利用には、Azureアカウントが必要になります。もしまだアカウントを持っていないという場合は、下記ページを参考に無料アカウントを作成しておいてください。
→ Azureの無料アカウントを作成する

また、Azure Storage Explorerから操作するためには、事前に何かしらのファイルやオブジェクトをアップロードしておく必要があります。Azureの無料アカウントを作成後、下記ページを参考にAzure Storageでストレージアカウントを作成しておきましょう。
→ Azure Storageでストレージアカウントを作成する

Azure Storage Explorerの使い方

では、さっそく使い方を解説していきます。
※今回はWindows10でのセットアップ方法となっています。
以下の手順で行ってください。
1. Azure Storage Explorerのダウンロード

下記ページへアクセスし、OSを選択した後 [今すぐダウンロード] をクリックします。
※今回はWindowsを選択します。
→ Azure Storage Explorerをダウンロードする
Azure Storage Explorerのダウンロード

2. Azure Storage Explorerのインストール

[I accept the agreement] を選択し [Install] をクリックします。
2.	Azure Storage Explorerのインストール

後は特に何もチェックすることなく [Next] をクリックしていけば、インストールが始まります。
nextをクリック

最後に [Finish] をクリックしてダウンロード完了です。
ダウンロード完了

3. アカウントの追加

ダウンロード完了後Azure Storage Explorerが開きます。
上部に表示されている [アカウントの管理] をクリックしてください。
アカウントの管理

Azureアカウントを作成済の場合、アカウントが自動で追加されます。
[適用] をクリックしてAzure Storage Explorerにアカウントを紐づけましょう。
※アカウントが表示されない場合は、[アカウントを追加する] をクリックし、アカウント名とパスワードを入力してください。
アカウントの追加

下記画面のように表示されれば紐づけ成功です。
紐づけ成功

4. ファイルの操作

では、Azure Storageで作成したファイルを操作してみましょう。
エクスプローラーから、作成したストレージアカウント(今回は [sampleazurestorage] )を開き、対象のファイルをクリックします。
ファイルの操作

クリックするとファイルが開くため、ここから編集などを行うことができます。
※筆者はwordファイルをアップロードしたため、クリックするとwordが開きます。
実行

また、新規ファイルのアップロードや削除なども行うことができます。
使い方の解説は以上です。

PL
Azure Storage Explorerでは、ボタン一つでVM(仮想マシン)への接続もできるんですよ。
SE
なるほど。これなら私のようなクラウドサービス初心者でも管理できそうです。

Azure Storage Explorerで効率的なデータ管理を

クラウドストレージを誰でも分かりやすく操作することができる「Azure Storage Explorer」。クラウドサービスが普及している昨今、クラウドストレージを利用する機会はこれからも増え続けていきます。大量かつ複雑なデータを効率的に管理するなら、Azure Storage Explorerの活用をぜひ検討してみてはいかがでしょうか。


.NET分野でのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

求人一覧

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)