インフラエンジニアを目指す30代が転職でアピールする方法|未経験の場合は?

インフラエンジニアを目指す30代が転職でアピールする方法|未経験の場合は?のアイキャッチイメージ

インフラエンジニアは需要のある職業


インフラエンジニアとして仕事を続けていく上で気になるのが、需要や将来性ではないでしょうか。

現代はIT社会と言われており、どの企業においてもITシステムは欠かせません。
今後もインフラエンジニアの需要がなくなることは考えにくい状況です。

しかし、時代と共にインフラエンジニアの仕事内容は変化していきます。
IT業界の動向を把握した上で、必要なスキルを身に付けていくことが重要ポイントです。

30代でもインフラエンジニアへの転職を目指せる理由


IT業界は慢性的な人材不足の状態となっているため、スキルがある人材であれば未経験であっても採用するケースは多いです。そのため、30代だからといって年齢制限に引っかかるということもありません。

もちろん、まったく同じスキルで20代と30代の求職者がいた場合、将来性を含めて20代が採用されるケースはあるでしょう。しかしスキル次第では30代でも十分インフラエンジニアを目指せます。

インフラエンジニアに必要なスキル4つ


インフラエンジニアとして数年間キャリアを積んだら、目指したいのが上流工程です。
書籍などを利用して、インフラ設計に関するスキルを習得しましょう。

30代のインフラエンジニアに求められるスキルは技術系のスキルだけではありません。
クライアントから案件を受注して満足のサービスを提供するためには、ヒアリングスキルや提案スキルが重要になります。
ITについて詳しくないクライアントの要望を正確に理解し、その要望を満たすITインフラを提案するスキルが求められるといえるでしょう。

また30代になるとマネジメントの立場を任せられることもあるため、プロジェクトマネジメントスキルも必要になります。
プロジェクト全体を把握した上でチームを引っ張ることができれば、生産性を上げることができるといえるのではないでしょうか。

このように、30代のインフラエンジニアには上流工程のスキルが求められます。

1:コミュニケーションスキル

インフラエンジニアにはネットワークやサーバーなどのITインフラの構築を希望するクライアントからヒアリングを行い、要望を正確にくみ取るためのコミュニケーションスキルが求められます。

また、インフラエンジニアは要望をヒアリングした上で提案を行いますが、クライアント全員がITに詳しいわけではないため、専門用語を使わずにわかりやすく伝えるためにもコミュニケーションスキルが必要になります。

2:セキュリティの知識

インフラエンジニアが扱うサーバーには、企業が保有している機密情報や顧客の個人情報などの重要なデータが保管されています。そのため、設計の段階からセキュリティを考慮したサーバー設計を行う必要があるため、インフラエンジニアにはセキュリティ知識が必要になります。

また、場合によってはインフラエンジニアが設定も行う場合があるため、ファイアウォールなどの知識も必要になるでしょう。

3:ネットワークとサーバーの知識

インフラエンジニアは名前のとおり、ネットワークやサーバーなどのITインフラの設計や構築、運用保守などを行うエンジニアです。そのため、インフラエンジニアに必要とされるさまざまなスキルの中でも、特にネットワークやサーバーの基本的な知識は必須となります。

サーバーについて学ぶ場合、まずはサーバーOSについて押さえる必要があります。ネットワークなら、ネットワークの概念やルーターやスイッチについて学びましょう。

4:プレゼン・提案スキル

前述したコミュニケーションスキルとも重なる部分がありますが、プレゼンスキルや提案スキルなどのスキルはインフラエンジニアにも必要です。

たとえば、インフラエンジニアはクライアントにプレゼンを行ったり、クライアントの要望に合わせた提案を行ったりすることも多いです。そのため、クライアントの持っている抽象的な要望をしっかりとヒアリングし、要件に落とし込むスキルが求められます。

インフラエンジニアを目指す30代が転職でアピールする方法


30代からインフラエンジニアを目指す場合、30代からでもインフラエンジニアになれる可能性は十分ありますが、20代の人材と比べるとどうしても不利になります。それでは、30代からインフラエンジニアを目指す場合、どのようなアピール方法があるのでしょうか。

ここではインフラエンジニアを目指す30代が転職でアピールする方法をご紹介しますので、どのような方法があるのか参考にしてみてください。

未経験の場合のアピール方法3つ

30代からインフラエンジニアを目指す人の場合、完全にインフラエンジニア未経験のケースと経験者のケースでは、適したアピール方法も異なります。

未経験でもインフラエンジニアになることは可能ですが、どのようなアピール方法があるのでしょうか。ここでは、まずは未経験の場合のアピール方法についてご紹介しますので、未経験からインフラエンジニアを目指している方はぜひ参考にしてみてください。

1:ビジネススキルをアピールする

未経験30代からインフラエンジニアを目指す場合、これまでの経験から培ったビジネススキルをアピールするのは非常に有効です。どのような経歴でもアピールするポイントはありますが、特にコミュニケーションスキルなどのヒューマンスキルがおすすめです。

インフラエンジニアに必要な知識は入社後に学ぶこともできますが、コミュニケーションスキルは後から習得するのが難しいことからアピールすると効果的だと言えます。

2:学習意欲をアピールする

IT業界は日々新しい技術が生まれているため、インフラエンジニアなどのエンジニア職は仕事に就いてからも学び続ける必要があります。そのため、入社してからも進んで学習していける学習意欲の高さをアピールするのがおすすめです。

未経験でも資格取得のために勉強していたり、すでに資格を取得しているのであればその事を伝えましょう。30代など年齢に関係なく、自ら学習していける人を企業は求めています。

3:インフラ系資格を取得する

30代で未経験であっても、資格を取得していれば一定の知識やスキルを持っていることの証明になります。インフラエンジニアを目指すのであれば、ネットワークやサーバー関連のIT資格を取得するようにしましょう。

おすすめの資格については後述しますが、情報処理技術者試験やシスコ技術者認定などの資格を持っていると、インフラエンジニアの業務に役立つIT知識を持っていることをアピールできます。

経験者の場合のアピール方法2つ

ここまで30代未経験からインフラエンジニアを目指す場合のアピール方法をご紹介しましたが、インフラエンジニアとしての経験がある状態で別の企業のインフラエンジニアに転職を目指す場合、どのようなアピール方法があるのでしょうか。

ここでは、インフラエンジニアの経験がある場合のアピール方法についてご紹介しますので、経験者でインフラエンジニアへの転職を目指している方はぜひ参考にしてみてください。

どのような実務を行ってきたかを整理する

これまで経験を積んできた30代のインフラエンジニアであれば、具体的な実務経験について整理しましょう。

当たり前ですが、30代で中途採用の人材を雇用する場合、多くの企業は即戦力になれる人材であることを求めています。もちろん未経験からでも資格や学習意欲などによって採用に至るケースはありますが、経験者であれば具体的に自社で仕事をする際に役立つ経験を積んできた人材を採用したいと考えます。

インフラエンジニアとしての向上心をアピールする

インフラエンジニアとして仕事をする場合、クライアントから難しい要求を提示されるケースもあります。そのため、難しい業務であっても前向きに取り組んでいける向上心もインフラエンジニアには必要な素養です。

そのため、経験者としてインフラエンジニアに転職する場合は、向上心があることをアピールすると良いでしょう。向上心の高い人材は、学習意欲やモチベーションも高いと判断してもらいやすくなるでしょう。

インフラエンジニアへの転職におすすめの資格3つ


30代未経験からインフラエンジニアを目指す場合、あらかじめ資格を取得しておくことで、資格を持っていない求職者よりも有利になるケースがあります。特にインフラエンジニアの業務に役立つ資格であれば、資格取得のために勉強することで同時に知識やスキルを身につけることも出います。

ここではインフラエンジニアへの転職におすすめの資格3つをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

1:Linux技術者認定

Linux技術者認定はネットワークを扱うエンジニアに人気の試験で、LPI-Japanが実施しています。Linux技術者認定はLinux技術者としての知識やスキルを認定する資格となっており、試験にはレベル1からレベル3までの3種類のレベルがあります。

Linuxはサーバー用OSとして多くの企業で使用されているため、インフラエンジニアとして働く場合にも役立つでしょう。

2:応用情報技術者試験

応用情報技術者試験は情報処理技術者資格の1区分で、スキルレベル3に相当する試験です。コンピュータ科学基礎やシステムの開発運用、ネットワーク、データベース、セキュリティなどの幅広い知識を求められることから、インフラエンジニアに限らずIT人材におすすめの資格です。

基本情報処理技術者を取得した人が次に取得を目指す位置づけの資格となっており、合格することでワンランク上のエンジニアとして認定してもらえます。

出典:情報処理技術者試験
参照:https://www.jitec.ipa.go.jp/1_08gaiyou/_index_gaiyou.html

3:CCNA認定

インフラエンジニアなどのネットワークを扱うエンジニアに特におすすめの資格がCCNAです。CCNAはネットワーク機器を販売しているシスコシステムズが認定しているシスコ技術者認定の1つで、シスコシステムズ製品に関する人気の資格です。

取得することでネットワーク全般の知識を証明することができるため、30代からインフラエンジニアを目指すのであれば、ぜひ取得しておきましょう。

30代でインフラエンジニアを目指すための勉強法3つ


実際に30代から未経験の状態でインフラエンジニアを目指す場合、インフラエンジニアに求められる知識やスキルを事前に勉強しておく必要があります。それでは、具体的にどのような勉強方法が有効なのでしょうか。

ここでは最後に、30代でインフラエンジニアを目指すための勉強法3つをご紹介しますので、これから勉強を始めようと考えている方はぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

1:スクール・書籍で短期集中を狙う

30代からしっかりと短期集中でインフラエンジニアのスキルを取得するなら、スクールに通うのも良いでしょう。スクールは高い費用がかかりますが、プロの講師に指導してもらえるため、独学よりも非常に効率が良く学べます。

また、わからないことがあってもその都度講師に質問できるため、挫折もしにくいです。さらに書籍も合わせて併用することで、体系立てて必要な知識を習得していけるでしょう。

2:手を動かして学ぶ

30代からインフラエンジニアのスキルを習得したいなら、書籍だけで勉強するのではなく実際に手を動かしながら勉強しましょう。手を動かしながら学ぶことで、本ばかり使って勉強するよりもスキルが身につきやすいだけでなく、楽しみながら学習を進めることができます。

また、インフラエンジニアになってからでも学習は続ける必要はあるため、早い段階から手を動かして学べるようにしておきましょう。

3:インターネットでの情報収集

30代からインフラエンジニアになるための学習をするなら、本などを使った勉強だけでなく情報収集も必要です。インターネット上を探してみると、インフラエンジニアをはじめとしたエンジニアのコミュニティやイベントサイトなどが見つかります。

そういったサイトであれば、普通のインターネット検索や本やスクールだけでは学べなかった情報を得ることもできるため、一度試してみると良いでしょう。

スキルを身に付けて30代でキャリアアップを目指そう


30代未経験でインフラエンジニアを目指す場合、自分のスキルや学習意欲をアピールしたり、資格を取得したりすることで、インフラエンジニアになることは可能です。

ぜひこの記事でご紹介したインフラエンジニアに必要なスキルや30代が転職でアピールする方法、インフラエンジニアへの転職におすすめの資格などを参考に、インフラエンジニアとしてキャリアアップできるようにしましょう。

インフラエンジニア専門の転職サイト「FEnetインフラ」

FEnetインフラはサービス開始から10年以上『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、多くのエンジニアの就業を支援してきました。

転職をお考えの方は気軽にご登録・ご相談ください。

合わせて読みたい

なぜインフラエンジニアに夜勤があるの?夜勤で働くメリットやデメリットを紹介... なぜインフラエンジニアに夜勤があるのか そもそも、どうしてインフラエンジニアは夜勤があるのでしょうか。 ITインフラは私たちの生活に必要不可欠なものであり、トラブルがあると大きな影響が出てしまいます。 そして、ITインフラが常に正常に稼働するように監視し、障害が発生した場合にトラブルシュー...
インフラエンジニア必見!5Gで変化する分野:医療編... 5G技術の導入により、医療の世界でも、インフラエンジニアの需要が高まるかもしれません。 日本の医療は地域格差が課題となっており、その解決のために5G技術による医療体系の見直しが図られています。 その導入のために、インフラエンジニアの必要性が高まることが期待されるのです。 地域格差が課題の日...
女性がインフラエンジニアになることのメリット6つ!需要についても解説... 女性インフラエンジニアは需要が高い 現在インフラエンジニアの需要は上がり続けており、今後も仕事がなくなることはないと考えられています。 その一方で、IT業界では人材不足の問題が深刻化しており、インフラエンジニアにおいても例外ではありません。 その中で、国や企業は女性インフラエンジニアに注目...
インフラの仮想化ができるVMware。インフラエンジニアの求人内容とは... 「インフラエンジニアですが、仮想化の案件を扱ったことがない」という方もいるのではないでしょうか。インフラエンジニアにとって仮想化のスキルを身に付けることは、今後のキャリアを考えるうえでも重要です。 本記事では仮想化のメリットや、仮想化に用いられる「VMware」について解説した上で、VMwareを...
フリーランスになる前に知っておくべきインフラエンジニアの求人の探し方... インフラエンジニアの中には、独立してフリーランスになりたいと考えている方もいるのではないでしょうか。 フリーランスになるメリットは多くありますが、案件については自分で探さなければいけません。 ここでは、フリーランスのインフラエンジニアの仕事探しとその注意点についてまとめました。 フリーランスの...