Java開発エンジニアの求人・案件ならFEnet Java

上場企業グループ会社の安定基盤で
コロナ禍においても増収増益を実現!

スキルを磨こう!

Javaエンジニアの年収や需要が高い理由とは?

Javaエンジニアへの転職を目指す人に向けて、Javaの特徴や転職に必要な事が書かれています。既にJavaエンジニアをしている方が収入をアップさせるための説明もあります。Javaを仕事にしている方、若しくは仕事にしようとしている方の両方に向けた記事です。

目次

IT業界では人手不足の問題が絶えず叫ばれており、優秀なIT技術者への需要が日に日に高まっています。とはいえIT業界でも、同じ会社に長く在籍していれば自然に年功序列で給料が上がった時代とは異なり、現在はキャリアアップへの必要性を強く感じている人が多数います。

本記事ではJavaエンジニアとして転職し、キャリアアップをするための方法を説明します。Javaエンジニアとしてのスキルを磨き、不況でも高報酬を得られるエンジニアをめざしましょう。

Javaエンジニアの年収・需要が高い4つの理由とは?

なかなか年収が上がりづらい近年において、年収1千万円も夢ではないといわれる数少ない職業がプログラマー、若しくはシステムエンジニアです。

プログラマーやシステムエンジニアと言っても、それぞれが得意としている分野やプログラミング言語には様々なものがあります。プログラマーもシステムエンジニアも、高い需要に対して供給が追いついておらず、人件費が高騰しています。

その中でもJavaエンジニアは年収や需要が高いと言われています。その理由を4つの項目で紹介します。

Javaは汎用性が高い!

Javaは限られた用途のシステムにしか使用できないという事はなく、汎用性が高い事が特徴として挙げられます。JavaはwindowsやMacなど、OSの種類に関わらずプログラムの処理を実行させることが出来ます。

また、パソコンがプログラムの処理をする前に、機械がソースを学習可能な機械語に変換した実行ファイルを作成します。そのため、処理の実行スピードと消費メモリが少なく、大規模なシステムでも小規模なシステムでも対応が可能です。

Javaの言語の取得のしやすさ

Javaの難易度は決して易しくありませんが、世界的に見ても利用者が多く、コーディングについての研究に多くの時間と労力が使われています。

コードについての情報が大量にあるため、解らないことがあってもインターネットで検索をすれば情報が見つけられるので、習得しやすいといえます。

勿論、書店や電子書籍で販売されている書籍にも非常に質の高い情報が掲載されています。

大手企業で使用される機会が多いため

Javaエンジニアの年収や需要が高い要因の一つに、大手企業の社内ステムで使用されている機会が多いという点があります。大手企業は高い収益力を背景にIT投資に対して積極的なため、スキルの高いエンジニアに対して前向きに報酬アップをする傾向にあります。

自社の社員だけでなく、他社から派遣される社員に対しても確かなスキルがあれば、高い報酬を払ってでもエンジニアを迎え入れます。

転職に有利であるため

近年のような不景気の時代でも、Javaのエンジニアは供給が需要に追い付いていない状況です。高いスキルを持つエンジニアであれば転職に有利に働き、希望の会社に入社する事や職歴の空白期間を作ることなく素早く転職する事が出来ます。

また、Javaを管理しているOracle社が運用している認定試験に合格した実績があれば、更に転職の成功率が高くなります。

Javaエンジニアが年収アップするためには?

Javaエンジニアの需要が高いと言っても、何もしないで年収が上がっていくわけではありません。自分の勤めている会社や上司、顧客にスキルがある事をアピールして実績を残さなければ年収アップは見込めないでしょう。

Javaエンジニアが年収をアップさせるための方法がいくつかあります。どの手段にも共通して言えるのは、日々の努力が必須だという事です。しかし逆を言えば、努力すれば収入を上げる余地はどこまでもあります。

大手企業へ転職する

中小企業に勤めていて、月々の収入やボーナスが少なく退職金もないという方は、ITの大手企業に転職すれば年収が上がる可能性があります。

大手企業であれば、月収やボーナスの金額が上がるだけでなく、充実した福利厚生を受けられるでしょう。また、大手企業に長く在籍していると金融機関からの信頼が深まり、住宅ローンなどの金利が安くなるなど、長期的な視点から見ても支出が大幅に改善されます。

経験・スキルを積んでから転職

企業が強く求めているJavaのエンジニアは、高いスキルと豊富な経験を持つエンジニアです。若手でも在籍している会社で積極的に業務をこなし、自己研鑽を怠らずスキルを磨き続ける事で、難易度の高い仕事を任せられるようになり、更に経験値を上げる事が出来ます。

IT業界での経験が少ない人も積極的にスキルアップに努めることで、徐々に市場価値は上がり、結果として大企業や優良企業への転職も容易になるでしょう。

プログラミング以外のスキルを身に付ける

ITエンジニアが収入を上げるためには、プログラミング以外のスキルを身に着けたり、力を伸ばすという方法もあります。

例えば、ITエンジニアも顧客である他社と仕事の内容を交渉する必要がある事から、交渉力が求められることがあります。また、自分よりも経験が少ない社員に対して仕事を教えるためのマネジメント力やコミュニケーション能力が求められる場面も考えられます。

プログラミングに関しては完璧と言うエンジニアも、上記のようなスキルを身につける事で年収を上げる事が可能となるでしょう。

資格の取得

Javaエンジニアが年収を上げるためには、他の業界の仕事と同じく、資格の取得という方法もあります。一定のスキルや知識を持ち合わせている証拠になるため、企業は資格の保持者に対して保持していない人よりも、転職や昇進の際に有利な評価を与える可能性があります。

働きながら資格を取得することは大変ですが、それを上回るメリットを享受する事が出来ます。

年収アップをするために必要な資格・スキル

ITの資格と言っても非常に多くのものがあり、書店の専用コーナーにも沢山の種類があります。どの資格を取ればよいのか分からず無暗に勉強しても、ニーズの無い資格であれば、全く意味を成しません。

企業がJavaエンジニアに求める資格は限定されています。そのため、全てのITの資格の最高レベルの物を取得する必要はありません。

Oracle認定資格

Oracle認定資格は、Javaを管理しているアメリカの企業であるOracleが運用している資格です。多くの企業で社員の研修段階での取得を目標とさせ、Javaエンジニアに必要な資格の筆頭とされています。

JavaのOracle認定資格は全部で3段階あり、一番簡単なものから、Bronze、Silver、Goldがあります。

Silverを取得できれば、プログラミングの仕事を行うにあたって最低限の知識を持っている証拠になります。Goldの取得に成功すれば、転職や昇進、昇給が非常に有利になります。

書籍やインターネットに良質な情報が大量に存在しているので、IT初心者でもSilverまでの合格は充分に可能でしょう。

マネジメントスキル

マネジメントスキルに優れたプロジェクトマネージャが在籍していると良質なシステムが納品され、部下の社員にも無理な残業を強要する恐れが少なくなります。IT並びにJavaエンジニアの仕事もマネジメントスキルに優れた人は重宝されます。

IT業界においてマネジメントスキルを証明する資格が、プロジェクトマネージャ試験です。2日間にわたって開かれる試験で、令和2年の試験では合格者が受験者のわずか15%台でした。かなり難関な試験といえるでしょう。

コミュニケーション能力

コミュニケーション能力の高さを証明するのには苦労します。

IT業界は人の入れ替わりが頻繁で、様々な人と共通の仕事を成し遂げなければなりません。コミュニケーション能力が高いITエンジニアは重宝されます。

そこで、コミュニケーション能力の高さを証明する資格を取得することも、年収アップの方法といえるでしょう。

コミュニケーション能力の高さを証明する資格が、セールススキル検定です。顧客の要望を的確に把握できるリスニングスキルやサービス精神に溢れた行動などはITの現場でも顧客との交渉や製品のデモなどの状況でも、とても重宝される能力です。

リーダースキル

リーダースキルに必要な知識は多数ありますが、中でも自分や自分が所属している組織を守る為に法務の知識は必要です。

IT業界のプロジェクトでも契約内容はとても重視され、最悪の場合、訴訟まで発展する可能性があります。そのため、IT業界のリーダーにもビジネスの法務の知識が必要といえます。

リーダースキルを証明する資格に、ビジネス実務法務検定試験があります。IT業界は顧客以外にも応援の社員を派遣する会社や、外部サーバをレンタルしている会社など、他社と関わる場面が多くあります。契約内容からの逸脱が無いかがわかる人材はIT業界で重宝されます。

SEスキル

SEスキルの取得には、IT業界の幅広い知識が必要です。どこから手を付ければよいか分からない方は、SEスキルの高さを証明する基本情報技術者試験と応用情報技術者試験を検討するとよいでしょう。

通信の仕組みやプログラミング、アルゴリズムに関する問題に加えて、ビジネス用語に関する問題など、様々な分野から出題されます。

Web・スマホアプリの開発スキル

Web・スマホアプリの開発スキルを証明する資格には、Webクリエイター能力認定試験があります。この試験には、スタンダードとエキスパートがあります。

スタンダードではHTMLやCSSのコーディング能力、エキスパートではレイアウト手法や色彩設計に関する問題が出題されます。

エキスパートで問われるレイアウト手法や色彩設計は、美大などを出ていない限りは、生まれ持ったセンスか、現場での経験と言った体系化がされていない知識で止まりますが、Webクリエイター能力認定試験によって公式に能力を証明できます。

業務システム・組み込みシステム等の開発スキル

システムアーキテクト試験は、コーディングやマネジメントではなく、あくまで業務システムの設計をしたいと言う方が挑戦する試験です。業務システム・組み込み系システム等の開発スキルの高さを証明できます。

プロジェクトマネージャ試験同様、試験は2日間にわたって開催され、例年、受験者の15%ほどしか合格していません。

年収アップの為のスキルを取得してJavaエンジニアの転職に活かそう!

Javaエンジニアの中には、なかなか年収が上がらず、将来に不安を覚える方が多数います。転職をしようにも何をすれば良いか見当がつかないという方も多いでしょう。Oracle社が主催している試験の問題に関する情報やJavaのコーディングに関する情報は、書店やインターネットに多く存在しています。

Javaエンジニアの需要は高まっています。自己研鑽を怠らずにスキルや資格を取得できれば、Javaエンジニアへの転職を簡単かつ有利に進める事ができるでしょう。