Java開発エンジニアの求人・案件ならFEnet Java

上場企業グループ会社の安定基盤で
コロナ禍においても増収増益を実現!

Java案件の選び方のコツは?

案件獲得に必要なスキルをご紹介

Javaエンジニアとして活躍中の方は、もっと良い職場や案件があるのではないかと考えたことも一度はあるでしょう。Javaは需要が高い技術なので案件数も豊富です。適切な選び方を知っていれば恵まれた案件の獲得も可能です。本記事ではJava案件の選び方を紹介します。

Javaエンジニアに対する需要が高いことはIT業界でよく知られており、Javaを扱える技術者の中には転職やフリーランスになることを考えている人も少なくないでしょう。

目次

現在のJavaエンジニアとしての地位がある程度安定しているのなら、転職やフリーランスに舵を切るのは慎重にならざるをえません。現在の地位に満足できていない場合も、勢いに任せて転職先を選んだり、フリーランスの道を選んだりするのは危険です。

本記事では、Javaエンジニアとしてのステップアップにつながるような転職ができるように、保有しておきたいスキルや案件の選び方などを紹介します。

Javaエンジニアが転職するときのポイント

Javaエンジニアとして転職先の選び方では、単に年収や勤務地で探すのではなく、自分のキャリアプランや得意分野などを考慮しましょう。Javaを扱える技術者であっても、得意な業務分野や仕様経験のあるフレームワークなどは今までの業務経歴や興味によって異なります。

求人情報や案件情報を参照したときに、指定されているJavaのフレームワークに対するノウハウがあるか、開発対象となっている業務に対する知識があるかどうかなどは、実際に入職するときに重要なポイントになります。

Java転職・フリーランス案件を選ぶメリット7選

Javaエンジニアとして働く人が、ひとつの会社に定着するのではなく、転職やフリーランスの道を選ぶことにはメリットがあります。もちろん、すべての転職やフリーランス案件が現在の仕事よりも良いわけではありませんが、選び方を心得ておけばメリットを享受できます。

ここでは、Javaエンジニアが転職したり、フリーランス案件を選んだりすることのメリットを7つ紹介します。

技術・スキルアップの場として有効

Javaの案件は多岐に渡るため、同じ「Java」の案件といっても、案件の分野によって使用する技術や、関連するJava以外の技術が異なります。そのため、類似案件の開発ばかりに携わっていると、使用する技術も固定化され幅が広がりません。

担当業務が固定化されつつあるという方は、転職やフリーランスになって案件の選び方に工夫をすれば、仕事をしながらスキルアップしていくことが可能です。

幅広いジャンルから実績がつく

Javaの案件はスマホアプリケーションや業務アプリケーションなど、多くの分野に渡っています。現在の職場で同じ分野の仕事を続けることに比べると、転職したりフリーランスになったりすることで、未経験分野の開発に携わるチャンスもたくさんあることになります。

自分の技術力を高めるためには、独習するという方法もありますが、実践で経験を積んだ方が早く身に付き、キャリアとしてもアピールしやすくなります。

週2~3日常駐で企業側の受け入れが可能

Java案件の中には、求人先に週5日常駐までは求められず、2~3日程度の常駐でも受け入れてくれる案件も増えています。常駐日数が短ければ、働き方改革も実現できる可能性が高くなります。

ただし「Javaプログラミングができる」というだけで短い常駐勤務を実現するのは難しく、実務経験と技術力が必要になります。好条件の案件を受注するためには、実務経験を積みながら資格も身につけておいた方がアピールしやすくなります。

案件価格が選べる

Javaエンジニアの需要は高いため、Java案件の報酬はほかの言語の案件に比べると高めに設定されている傾向にあります。

案件数が多く、しかもほかのプログラミング言語に比べ高額の傾向にあるため、Javaの技術があれば転職したりフリーランスになったりしても、ある程度安定性が見込めます。

Java技術者ならだれでも満足のいく価格の案件を受注できるわけではなく、相手企業が求める技術力を備えていることや成果を出せることが条件となります。

成果物によって継続案件獲得が可能

プログラミング技術は、保有資格や経験した案件などだけでは判断しきれない部分があります。大きな案件の経験者でも技術者として未熟なままという人も少なくなく、目安となる資格の保有者でも机上の知識しかなく実践に活かせないという人もいます。

過去案件の時分の成果物をサンプルとして提示できたり、受注した案件で確実な成果をあげたりできれば、発注元も確かな技術を実感することができます。そのため、継続案件を受注できる可能性も高くなります。

需要が安定している

Javaは長年、案件数が多いわりに技術者が少ないといわれています。技術者1人あたりの需要としては、当面十分な案件が見込まれます。

現在のJava需要が多いということは、現行システムのリプレースが発生しない限り、改修や改造など、今後も一定量のJava案件が見込めるということになります。

すぐに廃れてしまう技術では、フリーランスの道を選ぶのは危険ですが、Javaの場合は需要枯渇の心配は少ないといえます。

案件数が豊富

Javaの開発案件はとにかく豊富です。新規案件が豊富ということは、その案件の保守開発や追加開発なども見込めるため、今後も案件は豊富な状態がしばらく続くと考えられています。

転職したりフリーランスになったりした途端に案件が枯渇したというのでは、先行きが不安になりますが、Javaの案件については案件のトレンドは変わっても枯渇する心配はなさそうです。

Java転職・フリーランス案件を獲得する際に必要なスキル3選

転職やフリーランスの案件候補をたくさん獲得するためには、Javaエンジニアとして求められるスキルをより高いレベルで身につけているほど有利になります。

ここでは、転職やフリーランス案件をより多く獲得するために、Javaエンジニアとして習得しておきたい3つのスキルについて紹介します。スキルは「知識がある」ことに留まらず、少なくとも自在に扱えるようにはしておきましょう。

Web・アプリ開発スキル

Javaのスキルがあればさまざまなジャンルやカテゴリの案件に対応できますが、より多くの案件に対応したいのであればwebに関するスキルは必須になります。Java案件の中でも多いのがwebシステムの開発やWebアプリの開発などWeb関連になります。

JavaでWebシステムやアプリを開発できるだけでなく、サーバー側プログラムの実装の仕方や関連知識、スマホへの実装の仕方など、システムの周辺に関する知識もあった方がよいでしょう。

システムの開発スキル

Javaには大型案件も多く、案件に応じたフレームワークが採用されることも増えています。フレームワークの種類も多いので、網羅して習得することは難しいのですが、いろいろなフレームワークに対応できるようなスキルがあれば、案件獲得の可能性も高くなります。

また、Java案件の中でプログラマとして活躍するのではなく、上流から関わってみたいのであれば、マネジメントスキルも身につけておいた方がよいでしょう。

運用・監視の把握

システム開発者が運用や監視まで担当することはありませんが、運用や監視に必要な情報を提示する必要があります。Javaシステムの運用や監視そのものの案件もあります。Javaシステムで運用トラブルを起こさないためにも、運用や監視のノウハウは必要です。

システム開発案件を獲得したい場合でも、運用・監視などの保守案件を受注したい場合でも、運用や監視の項目や方法についての知識も保有しておいた方が選べる案件は多くなります。

Java転職・フリーランスで案件の選び方のコツ4選

自分のスキルに見合った案件や希望する案件が複数ある場合、できるだけ条件が良い案件を選びたくなりますが、条件だけで選んでもうまくいくのでしょうか。

もちろん、求人情報として提示される条件は案件を選ぶ際の目安となりますが、そのほかにも案件の選び方として心得ておくポイントがあります。

ここでは、案件の選び方となるポイントを4つ紹介します。自分の意に沿う案件が複数あって迷ってしまったときの参考にしてください。

実績や成果をアピール

転職やフリーランス案件の中から、自分の希望にあった案件を見つけたら、求人応募の際に提出する職務経歴書の中で経歴や実績を詳細に記述し、自分のスキルをアピールしましょう。

過去案件で、提示可能な成果物がある場合は、実績を証明するサンプルとして提示するのも効果があります。

応募側の選び方というよりも、求人側が期待するスキルセットとの具体的なマッチングができるので、案件獲得後にスキル評価に齟齬が発生するのをあらかじめ防ぐという効果があります。

解決策や提案する能力が必要

Javaに関する転職やフリーランス案件獲得に限ったことではありませんが、就活や転職などで企業に対して問題解決能力の高さをアピールできれば、就活や転職活動を有利に進めていけます。

Java案件の選び方としても、案件獲得に向けて自分に問題解決能力があることをアピールすれば、獲得しやすくなります。また、面接のときに案件担当者に問題解決能力があるかを見ておくことも、案件の選び方に失敗しないコツといえます。

資格のアピール

Java案件の選び方として、求人情報に資格に関する項目があるかを確認し、求人元が求めている資格に関連する資格を保有している場合は積極的にアピールしましょう。

求人元がJavaの資格やデータベースの資格を提示しているのに、簿記の資格をアピールしても相手の希望には全く沿いません。Javaやデータベースの資格を並び立て、関連する言語や通信系などの資格も提示できれば、さらなるアピールにつながります。

コミュニケーション能力が大切

Javaに限らず、仕事の場でコミュニケーションは大切な要素となります。案件獲得のために、自分のコミュニケーション能力が高いことをアピールするのは重要なポイントとなります。

案件の選び方としても、案件を主導する人々にコミュニケーション能力があることを確認しておいた方がよいでしょう。コミュニケーションの悪い案件は、仕事の雰囲気が悪くなるだけでなく、問題解決能力も低いので失敗案件となる可能性も高くなります。

Java転職・フリーランスとして案件の選び方を把握しよう!

Javaエンジニアとしての転職求人やフリーランス案件の需要は高いので、Javaエンジニアとしてすでに活躍している方は一度求人情報を参照してみてはいかがでしょうか。

本記事で紹介してきた案件の選び方を踏まえ、案件を吟味すれば、今よりもキャリアとしても報酬としてもステップアップできる可能性があります。

すぐに転職やフリーランスを考えるのでなくても、案件の選び方を把握し、いざというときに使えるように胸に刻んでおきましょう!