.net column

.NET開発者のためのブログメディア

Visual Studioで開発作業の自動化ができるMSBuildとは

2020年04月17日

アプリケーションの開発は、思いのほか同じような定型作業を繰り返しています。Visual Studioでは、.NET Framework 2.0に含まれている「MSBuild」というツールを使用することによって、繰り返しの作業を自動化することが可能になり、プログラミングに専念することができます。

PG
アプリの開発をしていると、意外にも同じ作業の繰り返しが多くて時間がかかってしまうのが悩みですよね。
PL
開発時の定型作業を自動化してくれるツールを使用して、作業の効率を上げてプログラミングに専念しましょう!

MSBuildの概要

MSBuild(Microsoft Build Engine)とは、マイクロソフト製品で使用ができるビルドツールです。Visual Studioがインストールされていない環境でも、製品の統合とビルドを実行することが可能です。また、繰り返しの定型作業を自動化することができます。

MSBuildでは「MSBuildプロジェクトファイル形式」という簡単で拡張性のある、XMLに設定ファイルを書きこむことによって、手動で行っている定型作業を簡単に自動化することができます。

Visual Studioプロジェクトには、一般的な開発作業に必要な設定とビルドプロセスがインポートされます。それらは、Visual Studio内のエディターやXMLエディターを使用して拡張することや、変更することが可能です。異なるファイルに適用できるビルド規則を記述して、様々なプロジェクトで再利用することができるので、一貫したビルド作業が可能になります。

プロジェクトの作成方法

Visual StudioプロジェクトシステムはMSBuildに基づいているため、Visual Studioを使用して新しいプロジェクトファイルを作成することは簡単です。今回はVisual C#プロジェクトファイルを作成します。

    1. 1.Visual Studioを開きプロジェクトを作成します。
[Esc]キーを押下しスタートウィンドウを閉じ、[Ctrl]+[Q]キーを押下して検索ボックスを開き、「winforms」と入力してください。「新しいWindowsフォームアプリの作成(.NET Framework)」を選択し、ダイアログボックスが表示されるので「作成」を選択します。

名前ボックスに「BuildApp」を、場所ボックスにパスを入力します(「D:/」など)。「ソリューション」、「ソリューション名」、及び「フレームワーク」の既定値はそのまま使用してください。

    1. 2.「OK」または「作成」をクリックすると、プロジェクトファイルが作成されます。

ここで作成したプロジェクトファイルをMSBuildで利用できるファイルです。ソリューションエクスプローラーから「BuildApp」というプロジェクトノードを確認しましょう。

PG
作業の自動化をしてくれるツールがあったんですね。これで時間短縮ができてプログラミングに専念することができます。
PL
ポイントは作業の効率化だけではありません。様々なプロジェクトで再利用ができ、一貫したビルド作業ができるところもMSBuildの魅力ですね。

MSBuildで作業の効率化

MSBuildの長所はマイクロソフト純正ツールのため.NET Frameworkと共にインストールされることや、サポート体制が充実していることです。自動化できる機能としては、マイクロソフトが提供している標準機能に加えて、オープンソースの追加タスクも提供されています。実際の開発時には様々なタスクを組み合わせて作業の効率化を図りましょう。


.NET分野でのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

求人一覧

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)