.NETエンジニア・プログラマ向けの技術情報・業界ニュースをお届けします。

  1. FEnet.NETナビ
  2. .NETコラム
  3. ツール・ソフトウェア
  4. Microsoft 365の仕事で活用できるアプリ|活用方法についても解説

Microsoft 365の仕事で活用できるアプリ|活用方法についても解説

  • ツール・ソフトウェア
公開日時:   更新日時:
Microsoft 365の仕事で活用できるアプリ|活用方法についても解説
この記事でわかること
    基本情報技術者試験の試験対策はこちら>>
    システム
    エンジニア
    マイクロソフトのサービスはOfficeが有名ですが、アプリがあるとは知りませんでした!
    プロジェクト
    マネージャー
    最近名称が変更されましたが、Microsoft 365は職場でも利用され、便利なソフトウェアとして親しまれています。ここで再度確認していきましょう!

    Microsoft 365(旧Office 365)とは?


    Microsoft 365(旧Office 365)とはMicrosoftが提供しているMicrosoft Officeに含まれるサービスです。サブスクリプション型のサービスとなっており、さまざまなサービスを利用することができます。

    Microsoft 365 (旧Office 365) のアプリ一覧


    Microsoft 365(旧Office 365)で提供されているアプリは種類が豊富です。ここでは、各アプリに関して簡単な機能をまとめています。

    ■Access
    Windows PC専用のデータベースアプリ

    ■Advanced Threat Analytics
    不審なアクティビティを即座に検出するセキュリティツール

    ■Bookings
    予約のエクスペリエンスの効率化を図る、顧客の予約受付管理ツール

    ■Cloud App Security
    すべてのクラウドサービスにおけるサイバー攻撃や脅威を特定し、洗練された分析機能を提供するセキュリティツール

    ■Enterprize Mobility + Security
    組織を保護してセキュリティを維持するプラットフォーム

    ■Exchange
    チャットツールのような、法人メールと予定表を一元管理する生産性向上ツール

    ■Forms
    問合せフォームやアンケート、クイズ、投票を簡単に作成するフォーム作成ツール

    ■Intune
    ワークプレイスの管理を簡略化し、セキュリティに優れた統合型の管理ソリューション

    ■Microsoft Defender Advanced Threat Protection
    リモートワークで増加するデバイス(エンドポイント)のセキュリティを統合管理できる、クラウドベースの分析サービス

    ■Microsoft エディター
    スペルや文法、スタイルを自動補正する文章作成アシスタントツール

    ■Microsoft Stream
    会社の会議やイベント、トレーニングなどに最大10,000人が参加できるライブ動画視聴ツール

    ■Microsoft To Do
    タスクをオンラインで管理や共有できるタスク管理ツール

    ■モバイルアプリ
    便利なオフィスアプリを一つにして持ち運ぶことができる生産性向上アプリ

    ■MyAnalytics
    AIを使用した生産性の分析機能で、ユーザーの仕事パターンや効率を改善するための情報を提供

    ■Planner
    新プランの作成やタスクの整理・割当、ファイル共有、チャット、進捗状況の更新を簡単に行うことができるチーム用作業管理ツール

    ■Power Apps/ Power Automate
    アプリやワークフロー、独自のフォームを開発し、チームの課題を解決するためのソリューション。Power Automateはタスクの自動化が可能

    ■Project
    シンプルでパワフルな高機能なプロジェクト管理ツール

    ■Publisher
    Windows PC専用の資料作成ツール

    ■Microsoft エンドポイント マネージャー
    デバイスの管理とセキュリティの維持ができる、クラウドを活用した統合型の管理ソリューション

    ■SharePoint
    組織やチームに必要な知識やコンテンツ、アプリケーションを簡単に共有し、管理するイントラネット提供サービス

    ■Skype/ Skype for Business
    一般ユーザー/法人向けの音声通話、ビデオ通話、チャットツール

    ■Sway
    素早く簡単にニュースレターやプレゼン資料、ドキュメントを作成することのできるサービス

    ■Visio
    簡単にフローチャートや図表、組織図、フロアプラン、設計図などを作成できるツール

    ■Whiteboard
    職場でも学校でも、リモートで通話しながらホワイトボードを使って授業や会議ができるサービス

    ■Workplace Analytics
    生産性や労働力の有効性、従業員の活動データなど、Microsoft 365(旧Office 365)の日常で使用する業務のデータを分析し、顧客にとっての価値を創出するサービス

    ■Yammer
    組織内の連携を高めて、コミュニケーションを強化する企業内SNS

    仕事で活用できるアプリ7選


    Microsoft 365(旧Office 365)は複数のサービス をまとめて提供しており、オフィスアプリが含まれています。なかには、Excel、PowerPoint、Word以外にもエンジニアの業務で活用できるアプリがあるため以下で紹介します。Microsoft 365(旧Office 365)を活用してチームメンバーやクライアントとの情報共有を行い、生産性を高められるエンジニアに近づきましょう。

    1:Office Mobile アプリ

    ビジネスでの利用者も多いExcelやPowerPoint、Wordを一つにまとめて持ち運べる、生産性向上アプリです。頻繁に使うオフィスアプリを一つのアプリで管理することにより、ファイルの閲覧・編集・共有が便利になりました。今まで以上にアクセスしやすくなって外出先でも頼りになります。

    2:SharePoint

    企業向けに設計されている、ファイルの共有・情報共有サービスです。SharePointを活用することで、部署や部門・チームごとに作成されたファイルやデータをクラウド上で一括管理することができます。セキュリティを維持しながら、簡単に組織の内部と外部のメンバーで共同作業を行うことが可能です。

    3:Teams

    Microsoftが提供するチャットツールです。チャットや通話、ビデオ会議、ファイルの共有と編集、ツールの連携が主な機能で、会議通話では組織内外を問わず10,000人でも開催することが可能です。チャットツールとしての機能を搭載しながら他のMicrosoft 365アプリと連携ができるツールであり、Teams内でグループを作れば、スレッドを立てて迅速な会話やファイル共有が可能になるなど、すべてのやりとりを完結させることができます。

    4:Microsoft To Do

    シンプルで使い勝手の良いMicrosoft製のタスク管理ツールです。パソコンとスマートフォンで共通の予定を管理することが可能で、Web版もあるため自宅だけでなく外出先のPCでも、ソフトをインストールせずにタスクの編集ができます。高機能かつ使いやすく、洗練されたUIでユーザーのタスク管理をスムーズに行うことができるでしょう。

    5:Power Automate

    Microsoftが提供しているPower Platformの1つです。かつては「Microsoft Flow」という名称で運営されていました。複数のサービスや社内システムを連携させ、従来であれば手動で行っていた業務を自動ワークフローによって自動化し、業務プロセスの生産性を向上するサービスです。

    6:Yammer

    企業向けのSNSサービスです。組織内で個人が自由に情報発信を行うことができ、共有されることで組織の連携を高めるコミュニケーションツールとして活用できます。また、社員ごとに関与できるコミュニケーションの範囲も制限できます。

    7:Skype for Business

    法人向けのWeb会議やインターネット電話ができるサービスです。Skypeと同様にグループでのWeb会議や音声チャットに対応しており、最大250名での同時通話など企業での利用に適したサービスとなっています。

    Microsoft 365(旧Office 365)の活用方法4つ


    Microsoft 365(Office 365)ではビジネスに活用できるさまざまなツールが提供されています。ここではMicrosoft 365(Office 365)の活用方法4つを紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

    1:社内のコミュニケーションを改善

    Microsoft 365(Office 365)で提供されているツールの中には、社内ソーシャルであるYammerやチャットツールであるTeamsなどがあります。これらのツールを活用することで、情報共有や資料管理が容易に行えるようになり、社内のコミュニケーションを改善できます。

    2:仕事の効率化

    チャットツールであるSkype for Businessを活用すれば、チームメンバーと予定を共有し、仕事の効率を向上することができます。また、Exchangeの予定表を共有すればメンバー同士でお互いのスケジュールを簡単に把握できるようになるため、ミーティングなどの予定を合わせやすくなるでしょう。

    3:IT化の促進

    Microsoft 365(Office 365)のSharepointを利用すれば、ファイル共有や情報共有が容易にできるようになります。また、Sharepointの導入によって社内のICTの環境整備などを行うことで、社内のIT化を促進することができるでしょう。

    4:リモートワークの実現

    近年導入する企業が増えているリモートワークは、環境整備が重要になります。その点、Microsoft 365(Office 365)ではビデオチャットができるTeamsやOneDriveでのファイル共有などリモートワークに便利なツールが用意されているため、スムーズにリモートワーク環境を構築することができます。

    システム
    エンジニア
    Microsoft 365はこんなにも充実したサービスを提供するソリューションだったのですね……
    プロジェクト
    マネージャー
    初めて聞くサービスも中にはあるかもしれませんが、どれも高機能で企業にとって生産性を高め、セキュリティを維持するための最高水準のソリューションですよ。

    すべての作業をMicrosoft 365(旧Office 365)で完結


    安全なセキュリティを維持するサービスや、組織でのコミュニケーション向上SNSサービス、生産性向上ツールなど、Microsoft 365(旧Office 365)では職場に必須なソフトウェアが数多く提供されています。今後リモートワークや在宅勤務が増加していく中で、現在Microsoft 365(旧Office 365)の導入を考えている企業の担当者は、無料期間などを活用することをおすすめします。

    FEnet.NETナビ・.NETコラムは株式会社オープンアップシステムが運営しています。
    株式会社オープンアップシステムロゴ

    株式会社オープンアップシステムはこんな会社です

    秋葉原オフィスには株式会社オープンアップシステムをはじめグループのIT企業が集結!
    数多くのエンジニアが集まります。

    秋葉原オフィスイメージ
    • スマホアプリから業務系システムまで

      スマホアプリから業務系システムまで

      スマホアプリから業務系システムまで開発案件多数。システムエンジニア・プログラマーとしての多彩なキャリアパスがあります。

    • 充実した研修制度

      充実した研修制度

      毎年、IT技術のトレンドや社員の要望に合わせて、カリキュラムを刷新し展開しています。社内講師の丁寧なサポートを受けながら、自分のペースで学ぶことができます。

    • 資格取得を応援

      資格取得を応援

      スキルアップしたい社員を応援するために資格取得一時金制度を設けています。受験料(実費)と合わせて資格レベルに合わせた最大10万円の一時金も支給しています。

    • 東証プライム上場企業グループ

      東証プライム上場企業グループ

      オープンアップシステムは東証プライム上場「株式会社夢真ビーネックスグループ」のグループ企業です。

      安定した経営基盤とグループ間のスムーズな連携でコロナ禍でも安定した雇用を実現させています。

    株式会社オープンアップシステムに興味を持った方へ

    株式会社オープンアップシステムでは、開発系エンジニア・プログラマを募集しています。

    年収をアップしたい!スキルアップしたい!大手の上流案件にチャレンジしたい!
    まずは話だけでも聞いてみたい場合もOK。お気軽にご登録ください。

    株式会社オープンアップシステムへのご応募はこちら↓
    株式会社オープンアップシステムへのご応募はこちら↓

    新着案件New Job