30代未経験でネットワークエンジニアを目指すには?派遣として働くのはあり?

30代未経験でネットワークエンジニアを目指すには?派遣として働くのはあり?
基本情報技術者試験の試験対策はこちら>>
最新情報や関心のある情報を毎日お届け。  FEnetインフラメールマガジン    メルマガ登録はこちらから>>

そもそも「ネットワークエンジニア」とは?


30代からネットワークエンジニアを目指そうと考えている方の中には、そもそもどのような仕事なのか知りたいという方もいるのではないでしょうか。ネットワークエンジニアとは、ネットワークシステムの設計や構築、運用保守などを専門に行うエンジニア職です。

<strong><mark>ここではネットワークエンジニアが行う「設計・構築」「運用・保守」というそれぞれの仕事内容についてご紹介しますので、どのような仕事を行っているのか参考にしてみてください。</mark></strong>

ネットワークシステムの設計・構築

<strong><mark>ネットワークシステムの設計や構築業務は、ネットワークシステムに関する仕事の中でも上流工程の業務です。</mark></strong>そのため、30代から未経験でネットワークエンジニアになった場合、すぐに担当することはありません。

設計の工程では、クライアントの要望や規模に合わせてゼロからネットワークシステムを設計します。また、構築の工程では、要件定義に基づいてネットワークに使用する機器やソフトウェアのセットアップなどを行います。

ネットワークの運用・保守

<strong><mark>ネットワークシステムの運用保守業務は、構築済みのネットワークシステムが安定して稼働できるように運用を行い、定期的なメンテナンスや障害発生時の対応を行うことです。</mark></strong>

30代から未経験でネットワークエンジニアを目指す場合、まずは運用保守の仕事をするのが一般的です。運用保守の業務でネットワークエンジニアの仕事を覚え、スキルアップすることで設計や構築の業務を担えるようになります。

ネットワークエンジニアの将来性は?


ネットワークエンジニアの将来性を考えると、クラウド型サーバーが普及したことから先行きに不安を覚える方も少なくないでしょう。<strong><mark>しかし、大きな視点で見ればネットワークエンジニアの将来は明るいと言えるでしょう。</mark></strong>理由としては、IT人材は今後不足していくことが予想され、エンジニアの需要増が確実に見込まれるためです。みずほ情報総研株式会社が発表している「IT人材需給に関する調査」では2030年、最高約79万人のIT人材不足が予想されています。

IT人材が不足していることから、ネットワークエンジニアも必要とされる分野の技術をつけていけば、今後も必要とされるでしょう。

出典:IT人材需給に関する調査|みずほ情報総研株式会社
参照:https://www.meti.go.jp/policy/it_policy/jinzai/houkokusyo.pdf

ネットワークエンジニアの需要は年々増えている

<strong><mark>総務省の「企業におけるクラウドサービスの利用動向」によると、クラウドサービスを利用している企業は2016年から増加しています。</mark></strong>

クラウドに以降しつつあるインフラ業界ですが、ネットワークは立派なインフラであり、急に廃れてしまうとは考えにくい分野です。ネットワークに関する専門知識にプラスして、それに関連する幅広い知識やスキルが求められるようになるでしょう。

時代の流れとしてクラウドで運用する形が増えていく事情があるため、クラウドを使いこなせるネットワークエンジニアが活躍すると言えます。

出典:企業におけるクラウドサービスの利用動向 |総務省
参照:https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h30/html/nd252140.html

ネットワークエンジニアの収入は?

<strong><mark>IT業界は日本の少子高齢化による労働人口不足もあり、人材不足の状態になっています。</mark></strong>
それはネットワークエンジニアも例外ではなく、スキルのあるネットワークエンジニアはどの企業でも需要があるため、高い年収を得ることも可能です。

ただし、一般的なネットワークエンジニアの場合は30代なら470万円、40代なら550万円、50代なら590万円ほどが標準的な年収となっています。

未経験でもネットワークエンジニアになれるのか?3つの年代


何歳までなら、未経験からネットワークエンジニアを目指せるのか気になる方も多いのではないでしょうか。年齢によって難易度は変わると言えます。<strong><mark>ここでは、未経験でもネットワークエンジニアになれるのか、20代・30代・40代の年代に分けて紹介していきます。</mark></strong>

1:20代の場合

<strong><mark>20代の場合は、ポテンシャル採用される可能性が高いため、完全に未経験であってもネットワークエンジニアとして採用してもらえることは十分あり得ます。</mark></strong>実際に転職サイトで「ネットワークエンジニア」「未経験」と入力して検索してみると、求人は多数出てくるでしょう。

どのような仕事か一度体験しておきたい場合は、派遣でネットワークエンジニアの仕事を経験してみるのも良いでしょう。業務の経験があれば、採用されやすくなることが期待できます。

2:30代の場合

<strong><mark>30代の場合は、20代と比べると採用される確率は下がる部分はありますが、30代前半であればまだまだ将来性を感じてもらえる年齢です。</mark></strong>実際に畑違いの業界から、ネットワークエンジニアを目指してくる人も少なくないでしょう。

ただ、一般的に30代は即戦力として求められる年齢と言えるため、ある程度のスキルを持っていることが望ましいでしょう。知識が全くない状態の未経験では、採用されにくい場合も可能性としてはあります。専門のスクールに通ってスキルを身に付けた状態で転職活動するか、派遣社員などで業務経験を積んでから正社員を目指すという方法もおすすめです。

3:40代の場合

<strong><mark>ネットワークエンジニアに限った話ではありませんが、40代の場合、未経験で目指すのは厳しい場合もあるのが現状でしょう。</mark></strong>

ネットワークエンジニアの場合はとくに、ネットワークの知識だけではなく、サーバーやセキュリティ、専門用語など覚えることが多いため、企業側から若い人材を希望されることが多いでしょう。一旦経験を積むために派遣として働くという方法もありますが、40代になると派遣先がなかなか見つからないこともあります。

ただ、プログラマーやシステムエンジニアからネットワークエンジニアなど、IT業界でのキャリアチェンジであれば、選考が通りやすくなるでしょう。

30代で未経験の場合「運用保守」の求人が多い


ネットワークエンジニアの仕事は、大きく「設計」、「構築」、「運用保守」の3つに分けられます。
このうち、未経験のネットワークエンジニアが行う仕事は運用保守がほとんどだといえるでしょう。

運用保守では、クライアントが使用しているネットワークの監視を行い、トラブルが起きたときには迅速に復旧作業を行います。<strong><mark>設計や構築の仕事とは違い、運用保守は現場で仕事を行いながら覚えやすいといえます。</mark></strong>
ネットワークエンジニアとしてキャリアアップしていきたいのであれば、まずは運用保守の仕事をマスターし、その後に設計や構築などの上流工程の業務を目指してください。

30代でネットワークエンジニアを目指すために必要なスキル6つ


30代で未経験からネットワークエンジニアを目指す場合、ネットワークエンジニアの仕事に役立つスキルを身につけておくことが重要です。ネットワークに関する基本的な知識はもちろん、ITに関する幅広い知識も必要になります。

それでは、具体的にどのようなスキルが求められるのでしょうか。<strong><mark>ここでは30代でネットワークエンジニアを目指すために必要なスキル6つを紹介していきますので、参考にしてみてください。</mark></strong>

1:サーバーに関する知識

ネットワークエンジニアは企業が利用するサーバーやネットワークの構築を行うため、コンピューター関連の専門的な知識が必要になります。その中には、DNS、WWWサーバーなどのサーバーに関する基本的な知識も含まれています。

<strong><mark>30代からネットワークエンジニアを目指すのであれば、具体的には自分でインターネットの設定ができる程度のサーバーの知識やスキルは習得しておくと良いでしょう。</mark></strong>

2:TCP/IPの知識

ネットワークエンジニアにはTCP/IPに関する基礎知識や技術的なスキルが必要です。TCP/IPはネットワークで使用する通信プロトコルで、実際にはIPやICMP、SMTP、TCP/UDP、Telnet、ssh、httpなどの複数のプロトコルによって成り立っています。

<strong><mark>ネットワークシステムを扱う以上、TCP/IPは必要な概念となるため、30代からネットワークエンジニアを目指す場合は覚えておきましょう。</mark></strong>

3:LAN・WANの知識

<strong><mark>30代からネットワークエンジニアを目指す場合に求められる知識の中でも、LANやWANは非常に重要です。LANは屋内で使用するネットワークを指し、無線LANやイータネット、ルーティングの他、前述のTCP/IPもLAN系の知識に含まれます。</mark></strong>

また、WANは離れた場所のコンピューターを接続するための「Wide Area Network」のことで、ADSLやIP-VPNなどがあります。

4:論理的思考力

<strong><mark>30代未経験からネットワークエンジニアを目指す場合に限らず、論理的思考力はエンジニア職全般に求められるスキルです。</mark></strong>論理的思考力は物事を道筋立てて考えるスキルで、クライアントの要件を満たす最適なネットワークを矛盾することなく構築するために欠かせないものです。

また、ネットワークの設計や構築以外の普段の業務でも、論理的思考力があれば効率的に仕事を進められるでしょう。

5:コミュニケーション力

<strong><mark>ネットワークエンジニアの仕事には他者とのコミュニケーションも含まれます。たとえばクライアントからヒアリングを行う場合でも、相手の意図を正確に読み取るコミュニケーションスキルは欠かせません。</mark></strong>

また、他のメンバーと協力してネットワークを構築する場合、指示を正確に理解したり、他のメンバーに伝えたりするコミュニケーション能力が求められます。そのため、30代からネットワークエンジニアを目指す場合もコミュニケーション能力を身につけておきましょう。

6:マネジメント力

<strong><mark>ネットワークエンジニアとして仕事をする場合、クライアントへのヒアリングやベンダーの選定、要件定義、ネットワークシステムの設計や構築、運用、保守というネットワークに関する一連の工程を担うことになります。</mark></strong>

そのため、1つのプロジェクトを管理できるだけのマネジメントスキルが求められます。30代からネットワークエンジニアを目指すなら、それまでの経験でマネジメントスキルを身につけておきましょう。

ネットワークエンジニアが取得したい資格4つ


ここでは、ネットワークエンジニアが取得したい資格について紹介します。資格を持っていれば、スキルを保有している客観的証明になります。<strong><mark>資格取得は、30代未経験でネットワークエンジニアとして採用されるために有力な方法です。</mark></strong>

1:CCNA

<strong><mark>30代からネットワークエンジニアとしてのキャリアを目指すにあたって、特に取得しておきたい資格がCCNAです。</mark></strong>CCNAはネットワーク機器大手のシスコシステムズが認定している「シスコ技術者認定」のアソシエイトレベルの資格で、取得することでネットワーク全般の知識を証明することができます。

そのため、ネットワークエンジニアを目指すのであれば最初に取得しておきたい資格だと言えます。

2:CCNP

<strong><mark>CCNPはCCNAと同様にシスコシステムズが認定している「シスコ技術者認定」の資格ですが、アソシエイトレベルよりも上位のプロフェッショナルレベルの資格となります。</mark></strong>そのため、CCNAを取得した後はCCNPの取得を目指すのがおすすめです。

30代未経験からの転職でも、CCNPを保有していればネットワークエンジニアとして業務を行うのに十分なネットワークスキルを保有していることを証明できます。

3:LPIC

<strong><mark>ネットワークエンジニアを目指す上で取得しておきたいもう1つの資格がLPICです。</mark></strong>LPICはシスコ技術者認定と同様にネットワークエンジニアが取得する定番の資格で、Linuxを扱う技術を証明するものです。

Linuxはサーバー用のOSとして企業で使用されるケースが多いため、LPICを取得していると幅広い仕事を任せてもらえる可能性があります。レベルとしては、LPIC-1、LPIC-2、LPIC-3、の3つがあります。

4:基本情報技術者試験

<strong><mark>基本情報技術者試験は、国家資格ということもあり、企業から高い評価を受けられます。</mark></strong>ITエンジニアとしての基礎的な知識を図るものであるため、ネットワーク技術の証明にはなりませんが、ITに関する知識を保有していることを示せます。

出典:基本情報技術者試験(FE)|独立行政法人 情報処理推進機構
参照:https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/fe.html

30代未経験でネットワークエンジニアとして働く場合派遣はあり?


30代未経験でネットワークエンジニアとして働く場合、正社員ではなく派遣という働き方はありなのか気になる場合もあるでしょう。30代という中堅に入っている年齢で、未経験状態からネットワークエンジニアとして正社員雇用を目指すのは、厳しい部分もあるでしょう。

<strong><mark>ネットワークエンジニアの実績を積むことを第一に考える意味では、派遣社員として働くことは悪い選択ではないと言えます。</mark></strong>

目的によって目指す就業形態は異なる

<strong><mark>目的によって目指す就業形態は異なるため、一概に正社員がベストとは限りません。正社員の場合は、企業によってある程度の制限が課せられてしまい、自由な働き方ができないことがあるでしょう。</mark></strong>

派遣という働き方は就業時間などの面で自由が利きやすく、ネットワークエンジニアであれば、技術職になるため給与も比較的高額と言えます。

未経験可の派遣求人案件は多い

<strong><mark>IT業界は慢性的に人手不足なため、未経験可の派遣求人案件は多い傾向があるでしょう。</mark></strong>

派遣社員であれば正社員を目指すよりもハードルが低く、未経験であっても採用される確率は高いと言えます。手っ取り早く現場での経験を積みたい場合、一度派遣社員になることは悪い選択ではありません。

30代未経験でネットワークエンジニアを目指すときの3つのポイント


<strong><mark>30代未経験でネットワークエンジニアを目指すときのポイントについて紹介します。</mark></strong>30代は、ポテンシャル採用してもらえるか、もらえないかの際どい年齢層とも言えます。

あまりにも内定をもらえないと「未経験で採用してくれるならどの企業でもいい」と言う気持ちになりがちですが、自分の希望の転職を叶えるためにも企業選びは大切です。職務経歴書・履歴書の書き方、面接対策についても参考にしてみてください。

1:企業の選び方は?

<strong><mark>30代未経験でネットワークエンジニアを目指す際の企業の選び方としては、研修制度が充実しているか、スキルアップしていけるか、などを見ると良いでしょう。</mark></strong>未経験者の場合は研修制度が用意されていないと、スキルの習得が難しい部分もあると言えます。

技術職である以上、業務外でも自分の力で勉強していく姿勢は必要ですが、企業として学びやすい環境が用意されているのであれば、スムーズな技術の習得が期待できます。

2:職務経歴書・履歴書の書き方は?

職務経歴書・履歴書の書き方は、未経験者の場合、全く関連がない業界・職種のことをどう書いていいか悩むこともあるでしょう。<strong><mark>IT関連の業務と関連がなくても、職務経歴書ではこれまでの業務の成果をアピールします。</mark></strong>畑違いの業種から志望する場合は、何をしてきたか採用担当者に伝わるように専門用語を使いすぎず書き出すことが必要です。

履歴書では志望動機を書く欄があるため、なぜその企業を選んだのか、未経験からネットワークエンジニアを目指した理由や意欲を書きましょう。

3:面接対策は?

<strong><mark>書類が通れば、面接では人柄など見られる部分が大きくなります。未経験のため、ゼロからのスタートになってしまうことを理解して、素直さや意欲を見せていきましょう。</mark></strong>

30代という年齢は、面接はある程度できることが当然と思われてしまうことがあるでしょう。そのため、受け答えだけではなく当日の身だしなみ、お辞儀のマナーなど不備がないようにすることも大切と言えます。

スキルを磨いて30代からネットワークエンジニアを目指そう


<strong><mark>30代でも、未経験からネットワークエンジニアとして転職することは十分に可能です。</mark></strong>
しかし、転職を成功させるためにはしっかりと準備をしなければいけません。
まずはネットワークエンジニアに必要な知識やスキルを身につけるところから始めてはいかがでしょうか。

インフラエンジニア専門の転職サイト「FEnetインフラ」

FEnetインフラはサービス開始から10年以上『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、多くのエンジニアの就業を支援してきました。

転職をお考えの方は気軽にご登録・ご相談ください。

合わせて読みたい

エンジニアと関連の深い5G基地局のメーカー紹介その2【NEC】... hbspt.cta.load(20723875, '940941f2-198d-419e-b8bd-967ea4e44d02', {"useNewLoader":"true","region":"na1"}); エンジニア注目の5Gですが、日本国内の基地局メーカーのひとつが「NEC」です。5G...
ネットワークエンジニアの志望動機のポイント|志望動機の構成や見本も紹介... ネットワークエンジニアとは? ネットワークエンジニアとは、コンピュータネットワークにおけるシステム構築や保守などをする技術者のことを指します。 ネットワークエンジニアの仕事内容は、主にネットワークの設計、ネットワーク構築、ネットワークの監視・運用をします。 ネットワークの規模や案件によ...
ネットワークエンジニアのキャリアパス8選|おすすめのAWSエンジニアについて... hbspt.cta.load(20723875, 'e5a75ded-3344-43ea-acce-ff32c2a863ff', {"useNewLoader":"true","region":"na1"}); ネットワークエンジニアのキャリアパスとは? ネットワークエンジニアとして経験...
女性がネットワークエンジニアで働く利点はある?キャリアの考え方も紹介... 女性ネットワークエンジニアの割合 IT業界は、全体として女性社員よりも男性社員が多いといえます。 その中でもネットワークエンジニアはとくに女性の割合が低く、男性と女性の比率は約8対2だといわれています。 会社によってはこれ以上に女性比率が低い場合もあり、この男女比の偏りは業界内でも問題...
【5Gに注目しているエンジニアへ】2020年から本格的に始まる5Gの特徴2つを解説... hbspt.cta.load(20723875, '940941f2-198d-419e-b8bd-967ea4e44d02', {"useNewLoader":"true","region":"na1"}); 2020年から本格的に運用が始まるとされている、5Gに今注目が集まっています。 ...