.NET開発エンジニアの求人・案件ならFEnet .NETナビ

上場企業グループ会社の安定基盤で
コロナ禍においても増収増益を実現!

job search

検索条件

    機器・言語 :COBOL

該当する案件が 1 件あります。

  • 仕事内容
    【業務内容】 現行本稼働しているIBM‐M/Fでのクレジットカードシステムに対して、 保守作業や案件開発をSEとして行って頂きます。 ・基本設計/詳細設計 ・製造(コーディング) ・テスト項目書作成 ・単体テスト、結合テスト ・テストエビデンス作成 ・運用、保守 【社会保険】 雇用保険・健康保険・厚生年金・労災保険 ※繁忙期など残業が発生することもございますが、36協定の範囲内の残業時間になるので、行き過ぎた残業は御座いませんのでご安心下さい。 ※様々なお仕事がありますので、スキルや適性に応じてお仕事をお願いしています。 ※オフィス内は禁煙です。
    勤務地
    東京都新宿区 (高田馬場駅)
    給与
    月給46万~48万円
    ※月20時間(6万1072円~)の固定残業代を含む※20時間を超える時間外労働分の割増賃金は追加で支給※割増率:法定時間外25%,法定休日35%,深夜25%,その他法定通り※スキルに応じて決定いたします
    対象/スキル
    【業務経験】・クレジットカードシステムの開発経験(通算で3年以上) ・M/FでのJCL経験 ・緻密な計画性がある方 ・日本での就業経験が3年以上
    【応募者属性】・周りの方と円滑にコミュニケーションを取れる方 ・協調性を持ち、チームと協働して業務を進められる方 ※上記に似たご経験やスキル等をお持ちであれば、お申し込み可能なケースもございます。まずはお気軽にご相談ください。
    【募集人数】1名

ピックアップ求人

COBOL(コボル)とは?

COBOL(Common Business Oriented Language)とはプログラミング言語の1つであり、1959年にアメリカ国防総省の主導によって誕生しました。 その目的はコンピューターのメーカーごとに異なっていた、事務処理用のプログラミング言語の統一です。COBOL誕生後はアメリカ政府向けの事務処理システムにはCOBOLが用いられることになり、さらに世界へと広まっていきました。かなり昔に開発されたCOBOLですが、現在でもプログラム開発業務ではしばしば使用されており、銀行や各種保険会社など金融業界でCOBOLのできるエンジニア・プログラマが求められることが多くあります。

COBOLの特徴

COBOLは事務処理を専門に扱うプログラミング言語として開発されたため、事務処理に向いています。大量のデータの一括処理も可能で、短期間で習得可能比較的なプログラミング言語です。英語または疑似英語を用いた記述を行う言語で、簡単な英単語を理解できれば、比較的短時間の勉強で習得することが可能といえるでしょう。また、COBOLは長い間用いられているプログラミング言語だけに信頼性と安定性は高く、汎用機のサーバがダウンすることはほぼありません。そして、標準規格が定められているため、互換性が高くOSに依存しません。他のOSで作成したCOBOLをコピーする場合も、多少の修正を行うだけで問題なく使用できます。

COBOLの市場価値

COBOLを利用して作られたシステムは、多くの国や企業で使用されており、現在でも幅広く活躍しています。具体的な例としては、行政システムや企業の基幹業務システム、銀行オンラインシステム、ホテルや座席の予約システムなどがあります。

COBOLの資格

以前は「COBOLプログラミング能力認定試験」という認定資格がありましたが、現在はCOBOLの資格は存在しません。 ただし開発案件は多いため、開発経験を積んで実績を作ることでキャリアアップにつなげられます。

COBOLを学ぶ理由

COBOLは銀行・証券会社や保険会社などの金融系の大規模なシステムで使われていることも多いため、移行に伴うリスクを考えると、簡単に切り替えることができません。こういった経緯で長年の間COBOLが現役で使われ続けています。COBOLで書かれたプログラムは今後もしばらくは使われ続けると考えられますが、COBOLエンジニアの数は高齢化に伴って減っていきます。そのため、若いCOBOLエンジニアが必要とされています。そして、企業側でCOBOLエンジニアの確保が難しくなれば、それだけ案件の単価が上がります。今からCOBOLを学ぶことで、将来的に割の良い案件を得られる可能性があるといえます。