FEnet .NETナビ

job search

検索条件

機器・言語 :SQLServer
SQLServerロゴ

SQLServerとは?

SQL Serverとは、マイクロソフトが開発・販売しているリレーショナルデータベース管理システムのことを指します。 SQL ServerはマイクロソフトがAshton-Tate 社と Sybase 社との共同開発に参画したところから始まり、SQL Server 7.0で構造を一から見直すなど時代に合わせて進化を続け、SQL Server 2016ではLinuxへも対応しました。SQL Serverの設定や開発、管理は「Microsoft SQL Server Management Studio」という統合管理ツールを使って行います。業務用の大規模環境での使用を想定して設定されており、複数台のコンピューターを統合してフェイルオーバーやミラーリングなどを高める構成ができます。

SQLServerの特徴

SQL ServerとSparkの機能によって、あらゆるデータ統合のハブとして機能します。構造化と非構造化どちらのデータからもインサイトを引き出すことが可能。また、様々な言語とプラットフォームに対応しているため、任意の言語とプラットフォームを使用してアプリケーションを構築でき、WindowsやLinux、コンテナなどで使用することができます。

SQLServerの市場価値

SQL Serverは高い頻度でリリースされており、最新のバージョンはSQL Server 2019です。solid ITが発表した2019年3月のDB-Enginesデータベース管理システムのシェアでSQL Serverは第3位を維持しています。

SQL Serverの資格(2019年6月現在)

MCSA:SQL Server 2012/2014

SQL Server 2012/2014は業務上必須の環境であるスキルと知識を持っていると証明できるマイクロソフト認定の試験です。 データベース開発者またはデータベースアナリストとしての相応のスキルと知識を証明できます。SQL Server 2012/2014の試験を受けるには下記3つの必須試験に合格する必要があります。

  • 試験番号 70-461/コース20461「Querying Microsoft SQL Server 2012/2014
  • 試験番号 70-462/コース20462「Administering Microsoft SQL Server 2012/2014 Databases」
  • 試験番号70-463/コース20463「Implementing a Data Warehouse with Microsoft SQL Server 2012/2014」

MCSA:SQL 2016 データベース管理

SQL 2016 データベース管理はデータベースのインストール、メンテナンス、構成、プロビジョニングに知識とスキルがあることを証明できる資格です。 データベース管理者またはインフラストラクチャのスペシャリストであることを証明できます。MCSA:SQL 2016 データベース管理の試験を受けるには下記2つの必須試験に合格する必要があります。

  • 試験番号 70-764/Course 20764B「SQL データベースインフラストラクチャの管理」
  • 試験番号 70-765/コース20765A「SQL データベースのプロビジョニング」

どちらの試験もマイクロソフトの公式サイトでオプションのトレーニングが受けられます。もし、どちらも基礎的なスキルが足らないと感じた場合は、1つ以上のMicrosoft technology Associate(MTA)認定の取得を目指すのがおすすめです。