COBOL エンジニア案件・求人一覧

COBOL エンジニア案件・求人一覧です。 FEnetインフラでは、自社他社含め多数のインフラエンジニア向け案件・求人がございます。
各案件・求人の詳細については会員登録後ご案内しています。

条件を指定して案件を絞り込む

検索条件

機器・言語 :COBOL

該当する案件が 1 件あります。

  • 月額40万~55万円
    東京都品川区(品川駅)
    正社員
    業務内容
    ・現状のオンプレ環境からお客様クラウド環境への移行に伴うインフラ基盤設計構築 ・サーバ設計(基本設計/詳細設計)、構築、テスト(単体/結合/総合) ・基盤OSからミドルウェアの設計/構築 ・基盤で必要なスクリプト(shellやpowershell)の作成 ※アプリケーション開発、ネットワーク領域は別チームにて対応予定 (環境) Red Hat Enterprise Linux7/Red Hat Enterprise Linux8/Windows Server 2012//Windows Server 2016//Windows Server 2019/LifeKeeper for Linux/DataKeeper/IIS/IBM HTTP Server/WACs/WebSphere Application Server/Apache HTTP Server/Tomcat/biz-Stream/PWSA/REPOPA/HDC-EDI2 Manager 64接続/Micro Focus COBOL Server 2.1J for SOA/HULFT/Oracle/MySQL/ESS REC/バックアップ関連製品/JP1(AJS/IM/NNMi/PFM/telstaff/base/SSO)/Tripwire/SEP(Symantec Endpoint Protection) Client/SAVFL(Symantec AntiVirus for Linux) Client/ActiveDirectory/DataSpider/sssd/realm/Ansible
    必要スキル
    ・以下いずれかの設計/構築の経験がある方  ・Red Hat Enterprise Linux7 、Red Hat Enterprise Linux8  ・Windows Server 2012/2016/2019
    営業イメージ

    複数名の募集です! 弊社プロパーがPLを担当しておりますので、フォロー体制が整っております。 サーバ、ネットワーク、オンプレ、クラウド問わず学べる環境です。 キャリアアップしたい方を歓迎いたします!

おすすめ求人特集!

COBOL(コボル)とは?

COBOL(Common Business Oriented Language)とはプログラミング言語の1つであり、1959年にアメリカ国防総省の主導によって誕生しました。 その目的はコンピューターのメーカーごとに異なっていた、事務処理用のプログラミング言語の統一です。COBOL誕生後はアメリカ政府向けの事務処理システムにはCOBOLが用いられることになり、さらに世界へと広まっていきました。かなり昔に開発されたCOBOLですが、現在でもプログラム開発業務ではしばしば使用されており、銀行や各種保険会社など金融業界でCOBOLのできるエンジニア・プログラマが求められることが多くあります。

COBOLの特徴

COBOLは事務処理を専門に扱うプログラミング言語として開発されたため、事務処理に向いています。大量のデータの一括処理も可能で、短期間で習得可能比較的なプログラミング言語です。英語または疑似英語を用いた記述を行う言語で、簡単な英単語を理解できれば、比較的短時間の勉強で習得することが可能といえるでしょう。また、COBOLは長い間用いられているプログラミング言語だけに信頼性と安定性は高く、汎用機のサーバがダウンすることはほぼありません。そして、標準規格が定められているため、互換性が高くOSに依存しません。他のOSで作成したCOBOLをコピーする場合も、多少の修正を行うだけで問題なく使用できます。

COBOLの市場価値

COBOLを利用して作られたシステムは、多くの国や企業で使用されており、現在でも幅広く活躍しています。具体的な例としては、行政システムや企業の基幹業務システム、銀行オンラインシステム、ホテルや座席の予約システムなどがあります。

COBOLの資格

以前は「COBOLプログラミング能力認定試験」という認定資格がありましたが、現在はCOBOLの資格は存在しません。 ただし開発案件は多いため、開発経験を積んで実績を作ることでキャリアアップにつなげられます。

COBOLを学ぶ理由

COBOLは銀行・証券会社や保険会社などの金融系の大規模なシステムで使われていることも多いため、移行に伴うリスクを考えると、簡単に切り替えることができません。こういった経緯で長年の間COBOLが現役で使われ続けています。COBOLで書かれたプログラムは今後もしばらくは使われ続けると考えられますが、COBOLエンジニアの数は高齢化に伴って減っていきます。そのため、若いCOBOLエンジニアが必要とされています。そして、企業側でCOBOLエンジニアの確保が難しくなれば、それだけ案件の単価が上がります。今からCOBOLを学ぶことで、将来的に割の良い案件を得られる可能性があるといえます。

  • FEnetインフラ テックブログ
  • 夢真ホールディングス
  • ネプラス
  • レンタルネットワーク
  • アイティープロダクト
  • 俺の夢