.NET開発エンジニアの求人・案件ならFEnet .NETナビ

上場企業グループ会社の安定基盤で
コロナ禍においても増収増益を実現!

長く活躍したい!

.NETエンジニアの転職時に大事になるスキルとは?

近年、需要が高まりつつある.NETエンジニアの職種とは?今後も幅広く通用し、長きに渡って活躍できる.NETエンジニアとして必要な経験や資格はどういうものでしょうか?役立つスキルを身につけ転職を成功させ、更なる飛躍を目指しましょう。

目次

.NETエンジニアの職種5つ

.NETエンジニアの職種5つご紹介していきます。

.NETエンジニアは、Windowsのアプリケーションが広く使われている為、.NETやその周辺言語を使えるエンジニアの重要は高くあり、開発されたアプリケーションが存続している限り、アップデートの為、.NETを扱える需要はなくなりません。

.NETエンジニアの需要に対し、エンジニアの数が足りていない為、市場価値も高まっています。それでは、.NETエンジニアの職種の詳細をみていきましょう。

アプリケーションエンジニア

アプリケーションエンジニア(アプリ開発者)は、情報システムの開発プロジェクトにおいて、システム設計からプログラム開発、システム動作テストなどシステムに関わる全ての作業をマネージメントするエンジニアです。

システム開発に必要なソフトウェアやハードウェア、ネットワーク、データベースなどの幅広い知識に加え、プロジェクトをまとめるコミュニケーション力やマネージメント力も必要です。

システム開発の流れを一通り経験しておくことが必要で、システムエンジニアとして働いている間に経験値をあげ、常に、ネットワーク、データベース、プログラミング言語などの新しい情報を収集をする姿勢が大切です。

資格がなくても仕事はできますが、システムアーキテクト試験を取得し、対外的にアピールできるスキルを身に付けスキルアップを目指すエンジニアもいます。

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーは、現場全体の管理を担う責任者で、業務は多岐に渡り幅広い知識や高いスキルが求められます。

企画から計画、プロジェクト全体の進捗管理、トラブル時の対応、課題や問題点の整理、共有など、プロジェクト開発において、重要な任務を担うマネージメント職です。

需要が高まっているプロジェクトマネージャーですが、幅広い知見や高度なスキルを兼ね備え、コミュニケーション能力やマネージメント力を持ち合わせる人材は多くはない為、業界全体の課題になるほど人材不足です。

現在、システムエンジニアやプログラマーなどに従事している方は、キャリアパスの1つとして考えてみてはどうでしょうか。

サーバーエンジニア

サーバーエンジニアは、サーバーを動かすアプリケーションをゼロから構築、設計し、管理保守をする仕事です。

サーバーエンジニアの仕事は、主に、運用に必要なサーバーのスペックや処理能力、必要台数を検討し、設計、構築していく構築業務と、サーバーの監視、セキュリティチェック、バックアップなどを行う保守業務があります。

サーバーエンジニアに必要なスキルは、Windows Server、macOS、Linux、UNIXなどのOSについての幅広く深い知識です。

また、セキュリティに関するスキルを身につけておくことが必要です。万が一、ハッキングやウィルスなどの脅威にさらされた場合に、最小限の被害にとどめる対処法や復旧技術の習得をしておくとよいでしょう。

VB.NETエンジニア

VB.NETは、WindowsOSと相性がよく障害が起きにくいため、安定堅実志向の製造業や流通業などの業務システムで多く採用されています。その為、業務システムの追加機能開発や保守業務における重要が多くあります。

また、VB6.0のサポートが終了している為、セキュリティやメンテナンス性の問題からVB.NETへ移行を考えている企業も少なくありません。移行案件には一定の重要があります。

社内の業務システムがVB.NETの為、新規のWebアプリケーション開発もVB.NETで行う場合があります。重要は少なめですがWebアプリケーションの開発案件も発生しています。

VB.NETでの業務システム開発経験やSQL ServerやOracleなどのデータベースを利用した開発経験やサードパーティー製開発ツールを扱うスキル、ストアドプロシージャの知識があるといいでしょう。

言語の特徴

ここでは.NETで扱う言語の特徴についてご紹介していきます。

.NETの特徴は、C#、VisualBasic、Pythonなどの複数言語が使用できることです。違う言語で書かれたプログラミングであっても中間言語にコンパイルされて実行する仕組みです。

特定の言語でなければいけないという拘束力がない為、少ない言語しか扱えないエンジニアにもチャンスがあり生産性を見込める点が大きなメリットです。

.NETに対応した言語の習得を1つでもできれば、経験があまりないエンジニアでも、高い水準でアプリケーション開発をすることができるといえるでしょう。

C#をマスターしよう

C#は、マイクロソフト社が提供するプログラミング言語で、同時にVisual Studioを導入すれば、高機能な開発環境が無償で提供されるため、初めて環境構築から行うプログラミング初心者でも簡単に最適な開発環境を構築することができます。

C#は汎用性が高く、Windowsアプリを始め、MacやLinux、スマートフォン向けアプリ開発にも活用されています。またUnityなどのフレームワークが台頭してきたことにより、ゲームやAR/VRなどの分野でも開発に活用されています。

今後スマートフォンアプリ、ゲーム、AR、VRなどの分野で伸びると予想されていて、C#は簡単に環境構築も可能なので、ぜひマスターしてほしい注目の言語です。

C#をマスターしましょう。

.NETエンジニアの転職に役立つスキル7つ

ここでは、.NETエンジニアの転職に役立つスキル7つをご紹介していきます。更なる高みを目指して.NETエンジニアの転職をする場合、必要なスキルや経験があります。

エンジニアとしてwebアプリケーションの扱いがスムーズにできる広く深い知識や有効な技術を習得することに加え、英語の勉強や、サーバー側のデーターベースの活用や知識、セキュリティ対策、データーベースを扱う際に便利なスキルを身に付けておくことが有効です。

ASP.NET

ASP.NETは、マイクロソフト社が提供するサーバーサイド技術で、web画面やバックエンド機能の開発が容易になります。 基本ソフトウエアのWindowsプラットフォームからIISアプリケーション、サーバ、開発環境、アプリケーション・フレームワークまで、マイクロソフトの製品で全て完結できるのが大きな特徴で、構造が単純で、各モジュール間の連結もよく効率よく作業ができます。

Javaより後発の技術の為、Javaの方が普及していますが、今後はASP.NETの案件も増えていく傾向にあります。ASP.NETの統合開発環境、Visual Studio.NETは高機能ですが、開発環境は商用製品なので導入にコストが多くかかるのがデメリットです。

HTMLとデザイン

ASP.NETの利用でweb画面の作成はできるものの、業務系webシステムはデザイン性が低い場合が多い為、マイナーチェンジやデザイン変更をする際に、HTMLコードやCSSコードの利用ができるとすぐ対応できるのでデザインスキルも兼ね備えていると高評価につながるでしょう。

JavaScript

JavaScriptを扱えると、Webサイトのページ制作をするにあたって、webブラウザ上で動くシステムやサービスなどを加えることができます。

例えば、マウスの動きに伴うメニューの表示・非表示、画像の拡大(ポップアップ)表示、Googleマップの組み込み、トップページに配置するメイン画像を次々に切り替える画像スライダー、送信フォームの必須項目が入力済みかのチェック、Googleのアクセス分析サービスの利用などです。

JavaScriptの利用で、より動きのあるWebサイトのページ制作を簡単にできるようになるのでおすすめです。

英語力

日本でネットワークエンジニアをするにあたって、英語を習得しなくても仕事はできるかもしれません。しかし、キャリアを重ねていくと英語でドキュメントを読まなければいけない状況にもなりえます。英語しかないドキュメントもあるからです。

また、英語力があることで、キャリアに広がりができ選択肢が増えることは確かです。ネットワークの技術の他に、英語力を兼ね備えていれば、仕事が獲得しやすくなることでしょう。

一般的に、ドキュメントを読みこなす能力の目安は、TOEIC730点以上といわれています。 ネットワークの技術習得と並行して英語の勉強も始めてみませんか。

サードパーティ製開発ツール

サードパーティ製開発ツールとは、WindowsやmacOSなどOSを開発しているベンダー以外が開発ツールのことで、OSベンダーのソフトウェア以上の機能や高い性能を持ち合わせているツールのことです。

サードパーティ製の開発ツールは、ツールの学習時間が短くできたり簡単かつ安価に開発できるメリットがあります。業務システムでは、開発後もメンテンナンスが必要な為、コストを抑えたシステム開発の依頼があれば、開発後も保守の面で一定の需要はあるでしょう。

しかし、ツール自体がOSのバージョンアップに対応できるのかなどの問題もあり、会社の資産にもなる業務システムが使えなくなる事態を避ける為、業務システムには採用しない企業もあることは確かです。

コストを抑えた開発を強くのぞむクライアントに対しては有効なスキルになり、サードパーティ開発ツールに対して一定の知識があることは必要でしょう。

サーバーサイドプログラム

サーバーサイドプログラムは、サーバ側で働いているプログラムのことで、金融機関や動画配信サービスなど世の中の様々な仕組みと関係が大いにある分野です。

サーバーサイドプログラムにおいて、メジャーな言語は、java、PHP、Scala、JavaScript、Rubbyです。

特にPHPなどの軽量プログラミング言語は実行速度が速い上、ソースコードのままサーバ上で動作させられるので、開発や運用コストの削減にもつながり積極採用している流れがあります。

Rubbyも軽量プログラミング言語で比較的習得が簡単なのでおすすめです。

ストアドプロシージャ

ストアドプロシージャは、データーベースに関する一連の処理を1つのプログラムをグループ化し、データー管理システムに保存するものです。

複雑なSQL文の呼び出しも、論理的に1つの処理単位にまとまっているので、名前と引数を指定するだけで簡単に呼び出しが可能になります。ユーザーは、1つずつSQL文を発行する必要がなくなり、データーベース対する複雑な処理はRDBMSに任せ、ネットワーク上の転送データーの量を減らすことができます。

また、処理内容が最初からRDBMSに登録済みなので、構文解析や機械語への変換が済んでいて処理時間を短くすることができるといえます。

.NETエンジニアに必要なスキル・開発経験を理解して転職を成功させよう

.NETエンジニアにそれぞれ必要なスキルや開発経験について紹介してきました。.NETは、Windowsアプリケーションが広く使われている現状において、フレームワークである.NETや周辺言語を扱えるエンジニアの重要は高いといえます。

.NETは、複数の言語の中間言語によって互換することができるので、少ない言語しか扱えない経験が浅いエンジニアにもチャンスがあります。必要なスキルや経験を積み、有能なエンジニアとして働き続けられるよう常にスキルアップを目指し、更なる高みを目指した転職を成功させましょう!