iOS エンジニア案件・求人一覧

iOS エンジニア案件・求人一覧です。 FEnetインフラでは、自社他社含め多数のインフラエンジニア向け案件・求人がございます。
各案件・求人の詳細については会員登録後ご案内しています。

検索条件

    機器・言語 :iOS

該当する案件が 43 件あります。

おすすめ求人特集!

iOS(アイ・オー・エス)とは?

iOSとはApple社が開発したスマートフォンやタブレットなどのタッチスクリーンモバイルデバイス向けに利用されるモバイルOSで、iOSを搭載した機器をまとめてiOS端末と呼びます。以前は「iPhone OS」の名称で提供されていました。2007年の初代iPhone、初代iPod touchとともにリリースされ、世界中から注目が集まりました。現在iOSはモバイルOSで世界で2番目のシェアを誇っています。iOSアプリは、iPhoneやiPadなどiOS上で動作するアプリケーションソフトウェアのことを指し、Apple社が開発したiOSで動作し、一般的に「iPhoneアプリ」といわれることもあります。開発したアプリは審査が通ればApp Storeからダウンロードできます。

iOSの特徴

Google社のAndroidは様々なメーカーの機器に搭載されていますが、iOSはApple製品だけに搭載されているのが特徴です。通話、Webブラウザ、Eメール、カメラなど基本的なアプリはiOS自体にあらかじめ組み込まれて出荷されています。

iOSの市場価値

日本国内でのモバイルOSの中でiOSシェアは約半分で、「MMD研究所」が日本国内のユーザーを対象に行った「2019年12月 iPhone・Androidシェア調査」によると、Androidが57.2%、iPhoneが42.8%でした。世界シェアではAndroidのシェアのほうが7割をと高く、特に日本では特にiOS端末が人気といえるでしょう。その理由としては日本ではキャリア側の端末購入補助金により、iPhoneのような高価な端末でも購入しやすい条件がそろっていることが挙げられます。そのため自然とiOS端末が売れやすいとされています。

iOSアプリ開発の使用言語

iOSアプリを開発する際の主なプログラミング言語はswiftです。Apple社が開発したプログラミング言語の一つで、2014年に公表されました。swiftを使用してアプリを開発するには、MacパソコンとXcode(エックスコード)と呼ばれるソフトウェアが必要となり、AppleIDを持っていれば無料でダウンロードできます。swiftが登場する前はiOSアプリを開発にはObjective-Cが主流でしたが、2020年現在でもObjective-Cで開発されたアプリは多く存在します。

iOSアプリ開発を学ぶには

現在、新規のアプリはほとんどがswiftで開発されています。今後もiOSアプリの開発言語はswiftが主流であると予想されます。未経験からswiftを学ぶには独学で勉強する方法と、勉強会などに参加する方法があります。Appleの開発者向けの公式サイトや一般の学習サイト、入門者向けの書籍なども多く販売されているので、そちらで基礎的な学習が可能です。慣れてきて、もっと専門的な知識が知りたい場合は勉強会などで学習できます。またプログラミングスクールでも、iOSアプリの開発をサポートしてくれるところがあります。今後もiOS端末は新製品が発表されていくため、iOSアプリ開発は多くの企業から需要があるといえます。特にswiftは需要の高い言語で、仕事の幅を広げるのにも役立つでしょう。

  • FEnetインフラ テックブログ
  • 夢真ホールディングス
  • ネプラス
  • レンタルネットワーク
  • アイティープロダクト
  • 俺の夢
  • twitter