CiscoIOSの選び方ってなに?

CiscoIOSの選び方ってなに?のアイキャッチイメージ

ルーターやスイッチングハブなどのネットワーク機器にも、パソコンのようにOSが入っています。
CiscoIOSはCisco社のルーターやスイッチングハブで使用するOSです。
ネットワークエンジニアは、Cisco社のルーターを設置する際に、最適なCiscoIOSを選ばなければなりません。
ではCiscoIOSの選び方について見ていきましょう。

CiscoIOSを選択するための前提条件

パソコンで使用するWindowsに7や8.1、10などの種類があるのと同様に、CiscoIOSにもさまざまな種類があります。
そして、どのルーターにどのCiscoIOSでもインストールできるわけではありません。
CiscoIOSを選択するための前提条件として、ルーターがハードウェアのサポートと機能サポートを満たす必要があります。
ハードウェアのサポートはシスコドキュメントCDでチェック可能です。
機能サポートは、show versionコマンドを使用して、確認することができます。
ハードウェアサポートと機能サポートを満たすことを確認したら、CiscoIOSソフトウェアのリリースバージョンを選択しましょう。
CiscoIOSを選択すると言った場合には、通常このリリースバージョンの選択のことを指します。

CiscoIOSの選び方


CiscoIOSのソフトウェアリリースバージョンは、「12.4(15)」という具合で、小数第一位までの数字と括弧で括られた数字の組み合わせで表記されます。
これはメイントレインといって、安定性を重視したい場合に選択するソフトウェアリリースバージョンです。
その代わりに最新の機能は入っていません。
先の例で言うと、12.4がバージョン番号で、括弧内の15がメンテナンス番号です。
バージョン番号が同じだと機能は基本的に同じで、メンテナンス番号の数字が大きければ、その分だけバグを多く修正しています。
そのため括弧内の数字は大きいものを選びましょう。
また、「12.4(15)T11」のようにメイントレインのバージョンの後ろTと数字が付いているものもあります。
これはTトレインというもので、最新機能を使いたい場合に選択するソフトウェアリリースバージョンです。
最新機能はメンテナンスのときに付けられて、増えるごとに数字も大きくしていきます。
そのため、Tの後ろの数字が大きいほど、最新機能が多く備わっているルーターです。
そして、ルーターがソフトウェアリリースバージョンのメモリ要件を満たすかどうかをチェックしなければなりません。
メモリはshow versionコマンドで確認できます。

安定性と機能を考慮してCiscoIOSを選ぼう

ルーターにCiscoIOSをインストールする際には、リリースバージョンの選択が必要です。
インストール可能かどうかチェックし、安定性と機能を考慮して選びます。
慣れないとかなり難しいですが、ネットワークエンジニアなら、ぜひ最適なCiscoIOSを判断できるようにしておきましょう。

インフラエンジニア専門の転職サイト「FEnetインフラ」

FEnetインフラはサービス開始から10年以上『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、多くのエンジニアの就業を支援してきました。

転職をお考えの方は気軽にご登録・ご相談ください。