ネットワークエンジニアのキャリアパス。SESの将来性やメリットは?

ネットワークエンジニアのキャリアパス。SESの将来性やメリットは?のアイキャッチイメージ

IT業界は長い間人材不足が問題となっており、今後はさらに状況が悪化していくと考えられています。
その中で多くの企業が利用しているのが、SESです。
ここではSESの概要やSESエンジニアとして働く際に覚えておくべきこと、SESエンジニアの将来性などについてまとめました。

SESの契約の仕組みとは?

SESとはシステムエンジニアリングサービスのことで、ソフトウェアやシステムの開発・保守・運用などを請け負うエンジニアの雇用形態のことです。
SES会社に在籍しているSESエンジニアは、クライアント企業に常駐して業務を行います。

SESの特徴の一つに、成果物への責任が発生しないことが挙げられます。
報酬はクライアント企業で仕事をした勤務時間に対して支払われるため、基本的に成果物に対する責任は発生しません。
ちなみに、SESとよく似たものとしてSIerがあります。
SIerはコンサル系の業務が多いのに対し、SESではITスキルそのものに重点が置かれるところが大きな違いだといえるでしょう。

SESエンジニアとして働く際に覚えておくべきこと

SESエンジニアが覚えておくべきこと

SESエンジニアとして働くためには、必要なスキルを身に付けておく必要があります。
前述したように、SESエンジニアに求められるのはITスキルそのものです。
特定の分野に秀でているSESエンジニアは、多くの企業で重宝されるといえるでしょう。

また、自分のスキルや実績をアピールするスキルも必要です。
仕事においては比較的コミュニケーション能力を求められないSESエンジニアですが、仕事をもらうためには自分自身を売り込むスキルがなければいけません。
そして、SESエンジニアとして働くにはメリットとデメリットの両方があります。

メリットとしては、上場企業に常駐して働けること、コネクションが広がること、仕事ぶりによっては正社員として採用される可能性があることなどが挙げられます。
また、スキルがあまりない未経験者でも就職しやすいのも大きなポイントだといえます。
その一方で、SESエンジニアは不安定な職業であり、収入も高くありません。
未経験のエンジニアがSESエンジニアとして働く場合、効率よくスキルを身に付けることを心がけましょう。

SESはおすすめ?将来性はあるか

将来のイメージ

SESエンジニアとしての将来性は、勤める企業によって大きく異なるといえます。
IT業界においては「多重下請け構造」が問題視されており、これはSES会社においても例外ではありません。
そのため、元請け企業で働くことができれば上流工程に参画することができますが、二次受け、三次受け企業に就職してしまうとずっと単純作業を繰り返すことになってしまいます。

教育体制についても大手企業のほうが整っているため、将来を見据えて働くのであれば大手企業を狙うべきだといえるでしょう。
また、SESエンジニアとしてフリーランスになるという選択肢もありますが、その場合には他のSESエンジニアと差別化できる専門スキルが必要不可欠です。
専門スキルがあれば、良い案件を獲得しやすくなります。

SESエンジニアを目指すならまずはスキルの習得を

ここでご紹介したように、SESエンジニアとして働くにはメリットとデメリットの両方があります。
そのことを踏まえつつ、SESエンジニアを目指すかどうかをじっくりと検討してください。

そして、SESエンジニアとして働く場合には専門スキルを身に付けるのがおすすめです。
1つの分野に精通することで、求められる人材になることができるでしょう。

SESエンジニアの案件を探すならFEnetインフラ

インフラエンジニア専門の転職サイト「FEnetインフラ」

FEnetインフラはサービス開始から10年以上『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、多くのエンジニアの就業を支援してきました。

転職をお考えの方は気軽にご登録・ご相談ください。

合わせて読みたい

副業がしたいネットワークエンジニアへ、案件の選び方を紹介... 働き方改革が叫ばれる中、「副業」を認める企業が増加傾向にあります。ネットワークエンジニアの場合もスキルがあり、会社が就業規則で禁止していなければ副業をすることが可能です。ただし、副業にはメリットだけではなくデメリットもあるので注意しましょう。 本記事ではネットワークエンジニアが副業するメリットや案...
ネットワークエンジニアと公務員を比較。転職のしやすさは?... ネットワークエンジニアと公務員のどちらを目指すかで迷っている方もいるのではないでしょうか。 本記事では、ネットワークエンジニアと公務員の違いや転職のしやすさについてまとめました。 就職・転職先を決めるうえで参考にしてみてください。 公務員とネットワークエンジニアの違い 公務員の長所としてよく...
【ネットワークエンジニア向け】あると便利な道具をジャンル別にご紹介... ネットワークエンジニアとして仕事を行うときには、用意しておきたい道具がいくつかあります。 本記事では、ネットワークエンジニアの仕事であると便利な道具を「ケーブル」、「整線・工具」、「カバン・文房具」の3つのジャンルに分けてまとめました。 仕事を効率化するためにも、ぜひ参考にして新しい道具の購入を...
求められる自動化とその傾向 本コラムについて 今現在、無料で提供されるサービスは全てWebサイト上、つまりネットワークのある環境で行われている。 そのシステム管理、サービス提供、速度の補填。これら全てを行うのは他でもない我々エンジニアである。 少なくとも当コラムを読み始めようとしているあなたは、エンジニアとして仕事してい...
30代でもなれる?ネットワークエンジニアを目指すためのスキル6つを解説... 未経験でも30代からネットワークエンジニアになれるのか? 結論から言うと、30代でも未経験からネットワークエンジニアを目指すことは可能です。 ネットワークエンジニアの場合は未経験でも応募できる求人が比較的多く、実際に30代で転職に成功している人は少なくありません。 とはいえ、他の業界や...